米大統領補佐官と電話会談 緊密連携で一致 - 5日前  NHKニュース

政府の国家安全保障局の谷内局長は、アメリカ安全保障担当大統領補佐官に起用されたばかりのマクマスター氏と電話で会談し、早期にアメリカで会談することを確認したほか、先の...more
in English
カテゴリー:全般

「緊密な友好維持」確認=豪外相と会談-米副大統領 - 5日前  Ameba News

 【ワシントン時事ペンス米副大統領は21日、ホワイトハウスオーストラリアビショップ外相と会談し、米豪両国の「緊密な...more
in English
カテゴリー:エンタメ

【トランプ政権】米財務長官がIMFに注文 為替操作の分析を「公平に」 - 5日前  SankeiBiz

 【ワシントン小雲規生ムニューチン米財務長官は21日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事...more
in English
カテゴリー:経済/社会

米国務長官、楊国務委員と電話会談 米中関係の重要性を確認 - 5日前  Reuters: トップニュース

ワシントン 21日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は21日、中国の外交を統括する楊潔チ国務委員と電話会談し、米中の建設的な関係の重要性を確認した。また、北朝鮮の脅威に対応する必要につ...more
in English
カテゴリー:全般

中国国務委員と電話会談=北朝鮮の脅威協議-米国務長官 - 5日前  Ameba News

 【ワシントン時事ティラーソン米国務長官は21日、中国の外交政策を統括する楊潔※(※竹カンムリに褫のツクリ国務委員...more
in English
カテゴリー:エンタメ

IMF、加盟国の為替政策で「率直な」分析行うと期待=米財務長官 - 5日前  Reuters: トップニュース

ワシントン 21日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は21日、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事...more
in English
カテゴリー:全般

日本の安倍・トランプ蜜月報道を在日シリア人記者が危惧 - 6日前  Ameba News

 日本は戦後70年余り、国の安全保障から貿易まで米国に依存し、「対米追従外交」がいわば“国是”でもあった。大統領交代で米国の世界戦略が大きく転換されようとしている時、安倍晋三・首相がなりふりかまわずアメリカのドナルド・...more
in English
カテゴリー:エンタメ

トランプ政権は「短命」に終わる。フリン氏スピード辞任が示す予兆 - 8日前  まぐまぐニュース

トランプ大統領の側近中の側近であった、マイケル・フリン大統領補佐官政権発足3週間でまさかの「スピード辞任」を発表。大統領当選に貢献し、先日の...more
in English
カテゴリー:エンタメ

米財務長官、中国副首相らと初の電話対談 対話重視示す - 9日前  朝日新聞デジタル

 ムニューチン米財務長官は17日、中国の汪洋(ワンヤン副首相らと初めての電話会談をした。話し合いによる米中関係の強化に意欲を見せる一方、「より均衡の取れた2国の経済関係」の重要性を強調し、...more
in English
カテゴリー:全般

谷内局長 米大統領補佐官と初の電話会談 2/22 16:11更新 - 5日前  日テレNEWS24

国家安全保障局の谷内局長は22日朝、アメリカ安全保障担当大統領補佐官に起用されたマクマスター氏と初めての電話会談を行った。...more
in English
カテゴリー:全般

トランプ大統領の「正しい取り扱い方」とは - 5日前  Ameba News

 持ち上げたかと思えば突き落とす! 世界の“台風の目”とどうつきあうべきなのか!? 正解はコレだった!  2月10日、トランプ政権になって初となる日米首脳会談が行われた。「各国首脳の中で、イギリスメイ首相に次いで2番目に...more
in English
カテゴリー:エンタメ

中国国務委員と電話会談 - 5日前  Ameba News

ティラーソン米国務長官(中央=17日撮影)は21日、中国の外交政策を統括する楊国務委員と電話会談し、北朝鮮が地域の安定に与える脅威について協議する必要があるという認識で一致した。
in English
カテゴリー:エンタメ

ティラーソン米国務長官と中国の楊国務委員が電話会談 - 5日前  朝日新聞デジタル

 ティラーソン米国務長官は21日、中国の楊潔篪(ヤンチエチー国務委員副首相級)と電話会談し、北朝鮮が地域の安定に与える脅威に対処する必要があるとの認識で一致した。 米国務省の発表によると、...more
in English
カテゴリー:全般

米財務長官:IMFに通貨政策の厳格監視要請 - 5日前  毎日新聞

 ムニューシン米財務長官は21日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事電話会談し「IMFが加盟国為替政策を率直か...more
in English
カテゴリー:全般

プーチンがっかり。トランプは本当に「反ロシア」に寝返ったのか? - 5日前  まぐまぐニュース

ロシア反中国の姿勢を見せるトランプ大統領ですが、ロシアでは早くも「トランプ氏は敵に包囲されて身動きが取れなくなっているのでは?」との見方が出始めているようです。このような状況を、無料メルマガロシア政治経済ジャーナル』の著者...more
in English
カテゴリー:エンタメ

「信じられない混迷」の船出=次々と公約着手、失態続発-トランプ米政権発足1カ月 - 8日前  Ameba News

 【ワシントン時事】トランプ米大統領が就任して、20日で1カ月。公約実行に次々と着手し、本人は「よく整備された機械のように動いている」と自賛するが、深刻な混乱や失態も続発。政権は「信じられない混迷」(ニューヨーク・タイムズ紙)の中で船出している。 「われわれが極めて短期間に成し遂げたことを皆さんも見ただろう。ホワイトハウスはとても順調だ」。18日、...more
in English
カテゴリー:エンタメ

ハシゴを外された台湾。なぜトランプは一つの中国を認めたのか? - 8日前  まぐまぐニュース

先日掲載の記事「日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑」でもお伝えしたように、トランプ大統領日米首脳会談の直前に、突如として「一つの中国」を認める発言をしました。この大きな「方向転換」を、無料メルマガ...more
in English
カテゴリー:エンタメ

米中外相、初会談=対北朝鮮で協力確認 - 10日前  Ameba News

 【ボン時事ティラーソン米国務長官は17日、20カ国・地域(G20)外相会合開催地ドイツ西部ボンで、中国の王毅外相と会談した。...more
in English
カテゴリー:エンタメ