1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張

01月12日(金)09:19   505件   news  
1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張 有名ミュージシャンが1708年い制作したとされる価値ある楽器を飛行機に預けたところ、粉々になってしまい所有者は怒りを露わにしている。 1月10日、ブラジル出身でイスラエル活動中の音楽家ミルナ・ヘルツォーク(Myrna Herzog・66)がこの出来事を語った。 ヘルツォークは3日のコンサートを終えて、ブラジルリオデジャネイロからイスラエルのデル・アビブに戻るために アリタリア航空に搭乗した。 搭乗前に所有していた楽器「ヴィオラ・ダ・ガンバ(viola da gamba)」を荷物に預けた。この楽器は最も希少な楽器の1つで、 オークションで21万2000ドル(約2360万円)を超えると言われている。 本来は楽器を持って乗ろうとしたのだが、飛行機が満席なためそれが出来なかった。結局ヘルツォークは「取扱注意」の シールを貼ってくれと要請し楽器を預けた。 デル・アビブに到着後、ヘルツォークは荷物受取所で楽器を待っていたが、一向に出てこなかった。スタッフに尋ねてみると 「物が破損したかも」という回答が返って来たという。 結局スタッフが持ってきた楽器はボロボロの状態で、中だけでなくハードケースまでも粉砕していた。 しかし航空会社側は責任がないと主張。 ヘルツォークはこの悔しさを写真と共にFacebookに1月3日と5日に2回に分けて投稿。彼女は「約40年間様々な国で 公演をしてきた。ほとんどの機内には楽器を持って乗ることができて、そうで無い場合は注意預かってくれて大きな 問題はなかった」と投稿。その投稿は5万7000回以上共有され、複数のメディアが報じた。 騒動が大きくなると航空会社は「私達はヘルツォークに余分な席を提供しようとしたが、彼女は拒否した。 規定に基づいて補償手続きを進める」と声明を公開。しかしヘルツォークは「席を提供してくれたことなんて無かった」と 反論している。 この問題のヴィオラ・ダ・ガンバという楽器はチェロに非常に似ており、大きさも弾き方もチェロに似ている。 ヴァイオリン、ヴァオラ、チェロよりも先に出来た楽器で歴史が古いが、18世紀後半になると廃れて使われなくなってしまった。 [外部リンク] 1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張 1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張 1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張 1708年に作られた2300万円の楽器 航空会社に預けたらスタッフの不注意で粉砕 会社は責任無いと主張
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515716381//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

チェロ イスラエル アリタリア航空 ヴィオラ・ダ・ガンバ 航空会社 ブラジル ヴァイオリン 飛行機 スタッフ 不注意 有名ミュージシャン 活動中 音楽家ミルナヘルツォーク 出来事 ヘルツォーク コンサート リオデジャネイロ デルアビブ オークション 結局ヘルツォーク