「涼宮ハルヒの憂鬱」てなんであんな流行ったん? 主人公は人格破綻の精神障害者やし

04月16日(月)22:46   294件   news  
「涼宮ハルヒの憂鬱」てなんであんな流行ったん? 主人公は人格破綻の精神障害者やし 間違いなく、稀代の奇書だ。今年1月に出版された『エントレスエイトの驚愕 ――ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社)は、 「エンドレスエイト」だけで400ページ以上を費やした哲学的論考。著者は東京大学人文社会系研究科三浦俊彦教授である。 「エンドレスエイト(以下EE)」とは、TVアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』の第二期(2009年)で放映され、物議を醸した8話分「エンドレスエイトⅠ~Ⅷ」のこと。 第12話~第19話に相当する。作品内時間がループしていることを表現するため、「同一脚本、完全別作画」でほぼ同じストーリーを8週にわたって放映した実験作だった。 が、視聴者にはおおむね不評で、以降のハルヒ人気を萎えさせてしまったA級戦犯……というのがアニメ界隈では一致した見方だ。 ところが、三浦氏はそこに待ったをかけた。これまでに論理学学術書や小説、エッセイなど多くの著作がある同氏の専門は「美学・分析哲学」。 これらを駆使した学術的論考によって、駄作評価が定着している「エンドレスエイト」に新しい価値を見出すという、冗談だか本気だかわからない試みが本書なのだ。 第1回の今回は執筆の動機を皮切りに、定説化しているEE(エンドレスエイト)の解釈における重大な“誤読”について聞いた。 以下ソース [外部リンク]
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523886409//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【テレビ】<モーリー・ロバートソン氏>フジテレビと登坂アナを猛批判 !「身体検査をやるべき」 “ホラッチョ”被害者   (54件)
【社会】文春記事は「極めて不公正な取材」 自殺した近畿財務局職員の遺族が抗議   (533件)
週刊文春「和田政宗 得意技は告げ口、弱い者イジメ」 →和田議員「寝入りはしない」刑事告訴、民事訴訟へ ネット「一緒に戦います」   (54件)

関連ワード

春秋社 涼宮ハルヒ 三浦俊彦 A級戦犯 学術書 論理学 エント エッセイ 待った 精神障害者 主人公 人格破綻 レスエイト ハルヒ 人間原理 エンドレスエイト ページ 東京大学人文社会系研究科 アニメ 第二期