【ロシア】調査報道で評価を受けているイケメン記者が自宅アパートから転落死 シリアで戦うロシア人の雇い兵について記事を執筆

04月17日(火)15:41   60件   newsplus  
[外部リンク] 2018/04/17 ロシア中部エカテリンブルク市で地元の記者、マクシム・ボロディン氏が自宅アパートのある5階から転落し、後に病院で死亡したことが憶測を呼んでいる。 ボロディン氏は最近、シリアで戦うロシア人の雇い兵について記事を執筆していた。 ボロディン氏は今月12日に大けがを負った状態で隣人たちに発見され、病院に搬送されたが15日に死亡。地元当局は、遺書は見つかっておらず事件性はない、との見方を示した。 しかし、ボロディン氏の友人は、自宅から転落する前日にアパートを治安要員の集団が囲んでいたと話す。 ボロディン氏のことを「信念があり、真摯なジャーナリスト」だったと語る友人のビャチェスラフ・バショフ氏は、11日午前5時にボロディン氏から電話があり、「バルコニーに武器を持った誰かがいて、階段の踊り場には迷彩服マスクをかぶった人たちがいる」と語ったという。 ボロディン氏は弁護士を探していると話したが、その後、再びバシュコフ氏に電話をかけたボロディン氏は、自分は誤解していたと言い、治安要員たちは何かの訓練をしていたと語った。 翌日、ボロディン氏が大けがを負った状態で見つかったが、地元当局アパートの鍵は内側からかかっており、アパートを出入りした形跡はうかがわれないと述べた。 ボロディン氏が働いていたニュースサイト「ノービ・デン」の編集長は、ボロディン氏が殺害された可能性は排除できないと述べ、同氏には自殺する理由がないと付け加えた。 欧州安保協力機構(OSCE)のアルレム・デジール氏は、ボロディン氏の死は「深刻な懸念」だとし、徹底的な調査を求めた。 ボロディン氏の報道活動 ボロディン氏は最近、「ワグナー・グループ」という名前で知られるロシアの軍事会社がシリアに送り込んだ雇い兵たちについて、記事を出した。雇い兵たちは2月7日に起きた米軍との衝突で死亡している。 ドナルド・トランプ米大統領から国務長官に指名されているマイク・ポンペオ中央情報局(CIA)長官は先週、シリア東部のデイル・アル・ズールでの衝突で、ロシアの雇い兵「数百人」が死亡したと語った。雇い兵たちは、米国が支援するシリア民主軍(SDF)に対する親シリア政権勢力による攻撃に参加していたもよう。 数週間後にロシアは、ロシア国籍の戦闘員数十人が死亡あるいは負傷した認めたが、戦闘員たちは通常の兵士とは別の立場だと強調した。 ボロディン氏は先月、死亡した戦闘員のうち3人がロシア・ウラル地方のスベルドロフスク州出身だったと報道した。ボロディン氏が住むエカテリンブルクスベルドロフスク州の州都。そのうち2人はアスベストの出身で、もう1人はケドロボエ出身だったという。 ボロディン氏は政治スキャンダルの調査報道も行い、ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が動画で紹介した、ナスティヤ・リブカとの名前で知られるコールガールのベラルーシ人女性の主張についても取材していた。 ジャーナリズムはロシアでは危険な職業 ロシアでは、報道内容についてジャーナリストたちが、脅迫されたり危害を加えられたりすることは珍しくない。ボロディン氏が大けがを負った状態で見つかった同じ日、エカテリンブルクでは、公営の新聞の編集長が暴行を受けている。 ロシアのメディアの大半は国営で、米人権団体「フリーダムハウス」がまとめた各国の報道の自由度のランキングでは、ロシアは100カ国中83位になっている。 2006年には、ロシアで最も著名な調査報道記者の1人、アンナ・ポリトコフスカヤ氏が自宅アパートの建物のエレベーターで撃たれ死亡した。ポロトコフスカヤ氏は、チェチェン紛争の際のロシア軍による人権侵害について報道していた。 その2年後には、モスクワに近いヒムキで高速道路建設のための森林伐採計画について報じたジャーナリストのミハイル・ベケトフ氏が暴行を受け、脳を損傷する大けがを負った。ベケトフ氏は2013年に死亡した。 ヒムキの高速道路建設の反対運動を伝えたオレグ・カシン記者は、2010年にモスクワ市内で襲撃され、重傷を負った。 昨年には、ラジオ番組のパーソナリティーとして有名なタチアナ・フェルゲンガウエル氏が、勤務先の民間ラジオ「モスクワのこだま」で首を刺される事件が起きている。 (英語記事 Russian reporter Borodin dead after mystery fall) ボロディン氏(写真)は大けがした状態で見つかった前日に友人に連絡していた 【ロシア】調査報道で評価を受けているイケメン記者が自宅アパートから転落死 シリアで戦うロシア人の雇い兵について記事を執筆
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523947278//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【恐露】男性記者「外に迷彩服の集団が」…自宅で転落死 露の民間軍事会社によるシリア内戦への関与について報道していた人   (171件)
【疑問】これはなんという生き物ですか?   (106件)
【おそロシア】シリアへのロシア人義勇兵派遣を告発した記者がアパート5階から転落死   (86件)
【国際】ロシア人記者、自宅から転落死=シリア問題で調査報道   (223件)
【サッカー】西野新監督、ハリル氏と対照的…ACL、ルヴァン杯の視察見送り 映像でチェックへ   (217件)
なぜロシア人は日本的サブカルとの相性がいいのか   (63件)
【ロシア】「すべて盗まれました」 覆面強盗がカフェに押し入り、ロシア風水餃子(ペリメニ)50キロ強奪   (97件)
【サッカー】<W杯ロシア大会>ちょっと異様な仮設スタンド...日本戦会場   (57件)

関連ワード

エカテリンブルク スベルドロフスク州 ジャーナリスト シリア アルレム・デジール ロシア人 ロシア 調査報道 イケメン 自宅アパート 転落死 ロシア中部市 マクシムボロディン ボロディン 地元当局 アパート ビャチェスラフバショフ バルコニー 迷彩服 マスク