【衆院選】元SEALDs 諏訪原健「小池新党より枝野新党を支持するワケ」

10月04日(水)13:14   99件   seijinewsplus  
諏訪原健(すわはら・たけし)氏 【衆院選】元SEALDs 諏訪原健「小池新党より枝野新党を支持するワケ」 野党第一党だった民進党が分裂し、小池百合子前原誠司両氏が主導した「希望の党」合流組と、枝野幸男氏らリベラル派が立ち上げた「立憲民主党」組に分かれた。SEALDsにかつて所属した諏訪原健さんが小池新党ではなく、枝野新党を支持する理由とは? *  *  *  10月22日にいよいよ総選挙が行われる。森友・加計学園疑惑を隠蔽する狙いがあるとしか思えないタイミングで、解散を断行した安倍晋三首相には多くの批判が集まっている。  突然の解散は、思いもよらぬ政界再編の動きにつながった。9月28日午後、民進党は両院議員総会で、小池氏率いる希望の党と合流する方針を決定した。しかし、その後の小池氏による「リベラル排除」発言を受け、無所属での立候補を表明する候補者が相次ぎ、状況はさらに流動的になっている。  そんな中で2日夕方、枝野氏が立憲民主党の結成を宣言した。枝野氏の記者会見の中で特に印象的だったことが二つある。一つはボトムアップ型のリーダーシップが強調されていたこと。もう一つは自らの理念や政策を貫く強い決意を示していたことだ。  一つ目の点については、安倍政権の暴走を止めた後にどうするのかという話の中で語られていた。枝野氏は上からのリーダーシップ民主主義、あるいは経済政策には限界が来ているという現状認識を示した上で、自らはボトムアップ型のリーダーシップ民主主義、社会・経済のあり方を目指していくと述べた。人々の間から湧いてきた「枝野立て」という言葉に後押しされて、新党を結成するに至った枝野氏が「ボトムアップ型のリーダーシップ」と語ることには非常に説得力がある。また、立憲民主党としての具体的な政策はこれから参加してくるメンバーと一緒に決定したいと述べていたことや、多様な市民と連携して戦っていく意志を示したことからも、「ボトムアップ型のリーダーシップ」を現実のものにしていこうという思いが読み取れる。  もう一つの点について枝野氏は、「政治家にとって、理念や政策は何事にも変えがたい、譲ってはならない筋」と述べていたことだ。一見当たり前のことのようだが、政治家の言葉が軽々しく扱われ、選挙での勝利だけが目的化しているような状況を度々目にしてきた中で、この言葉は心に響くものがあった。  枝野氏が大切にしているという「変わらぬ初心」という言葉からは、政治家とはいかなるものであるべきかを考えさせられた。  これらの言葉を聞いていると、枝野氏が考える政党や政治家のあり方は、小池氏が率いる希望の党とは、対照的と言ってもいいほどにかけ離れていると、改めて思わざるを得ない。  立憲民主党がボトムアップ型ならば、希望の党はトップダウン型の政党だ。  小池氏は新党結成の記者会見で「リセットして私自身が立ち上げる」と述べ、代表就任を表明した。結成に至るまでの過程では、若狭勝、細野豪志両氏などと議論を重ねていたようだが、それが「リセット」されたということなのだろう。  代表就任も唐突に、鶴の一声で決められたようだった。  また1日に報道された希望の党の規約案によれば、同党は「ガバナンス長」を置くことで「党内統制」を行うという。都民ファーストの会所属の都議会議員に対して、個別に取材に応じることは避けるようにとの指示が出されていたように、上からのリーダーシップで引き締めを図る意図があるのだろう。  理念や政策という面で見てみても、希望の党には通すべき「筋」はないようだ。小池氏自身は、外交安全保障や、憲法などについての考え方から、「タカ派」の政治家として知られている。その意味では、日本のこころを大切にする党の中山恭子氏らと組んだのには納得がいく。その一方で政権交代のために、理念や政策に大きな差異があるはずの民進党との合流を図かったり、突如として脱原発について言及したりするなど、必ずしも自身の理念や政策を貫くことは重要視していない。小池氏は権力を手にするためなら、手段は選ばない人物のように思えてならない。 >>2 以降に続く 配信 2017.10.4 09:00 dot.asahi [外部リンク]
元スレ:[http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1507090456//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【NFL】 「自分を意図的にNFLから干している」、膝つき抗議の象徴QBコリン・キャパニックがリーグ訴える   (106件)
【神戸製鋼データ改竄】ガバナンス崩壊…苦渋の表情で川崎社長「信頼度はゼロに落ちた」   (266件)
【サッカー】ノイアーはGKに“革命“を起こした 離脱によるバイエルン低迷で浮き彫りに   (55件)
【時事通信世論調査】内閣支持率37.1%(-4.7P)、不支持率41.8%(+5.1P)★2   (133件)
【時事通信世論調査】内閣支持率37.1%(-4.7P)、不支持率41.8%(+5.1P)   (1,005件)
首相のリーダーシップや「おもてなし」で観光客数は我が国が完全に逆転された と韓国紙   (124件)
【宇宙】アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催   (105件)
【サッカー】<ハリルジャパン>次期主将めぐる“熱きバトル” 現在はDF吉田麻也が“主将代行”を務め、次期候補の最有力   (144件)

関連ワード

リーダーシップ 立憲民主党 中山恭子 枝野幸男 政治家 民主主義 小池百合子 記者会見 若狭勝 衆院選 諏訪原健 小池新党 枝野新党 野党第一党 民進党 前原誠司両 合流組 リベラル派 総選挙 森友加学園疑惑