【次期大統領】トランプ氏初会見は“防戦一方” メディア総攻撃に苦しい弁明

01月12日(木)15:19   461件  
 米国のトランプ次期大統領の当選後初の会見。冒頭から「ロシアに弱みを握られている」という報道への弁明で始まり、記者との質疑応答もこのロシア問題に終始。ツイッターでの強気の暴言はどこへやらで、メディア総攻撃トランプ防戦一方だった。  会見は予定の現地時間11日午前11時(日本時間12日午前1時)より13分遅れで始まった。米CNNと米ニュースサイトバズフィード」が報道したロシアとの関係について、「ニセモノだ」「デタラメだ」と繰り返したが、この問題に対する記者の質問は止まらない。  暴露された米情報機関の報告書には、ロシアトランプの私生活に関する情報を得ていることに加えて、ロシアトランプに有利な不動産取引を提案していたことなども書かれている。 記者に「プーチンはあなたを助けるためにサイバー攻撃を行ったんじゃないか」と攻められ、「そんなことはない」「ロシアと取引は行っていない」などと釈明を繰り返した。 最後は、「米国はサイバー攻撃に対する守りが弱い」として、「就任90日以内にサイバー攻撃に対する守りをどう固めるか報告する」と言って取り繕った。 途中、CNNの記者が「私たちが攻撃されている。質問させてくれ」と手を挙げたが、トランプは「虚偽のニュースを流した。あなたの質問は受けない」と発言、言い合いになる場面も。都合が悪くなると言い訳したり逃げたりするのは、安倍首相ソックリか。  日本政府や日本企業が気になる貿易や安全保障など政策の話については、メキシコからの輸入に高関税をかけるなど従来の主張の域を出ず、肩透かし。ただ、貿易不均衡の国々として名指ししたのは「中国」「日本」「メキシコ」。 これにロシアを加えた4カ国は、「オバマ政権時代より米国に敬意を払うようになるだろう」と上から目線で、今後も日本がトランプの標的にされるのは間違いなさそうだ [外部リンク] 【次期大統領】トランプ氏初会見は“防戦一方” メディア総攻撃に苦しい弁明
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484201982//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。

ログインする