【実は警備員は○○や××はやらせてもらえない仕事なんです】岐阜の男性 欠格条項で国提訴へ 警備員の仕事を失い

01月10日(水)12:26   666件   newsplus  
岐阜の男性 欠格条項国提訴へ *ソース元にニュース画像あり* [外部リンク] ※NHKローカルニュース元記事が消えるのが早いので御注意成年後見制度を利用した人が一部の職業に就けなくなる、欠格条項によって、 警備員の仕事を失った岐阜県の男性が、規定は法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、 10日にも国に賠償を求める訴えを、起こすことになりました。 成年後見制度は障害や認知症などで判断能力が十分でない人に代わり、 弁護士や家族などが財産を管理する仕組みですが、制度を利用した人は地方公務員法建設業法など、 約180の法律の欠格条項によって、定められた職業につけなくなります。 訴えによりますと、岐阜県警備員の仕事をしていた、軽度の知的障害がある30歳の男性は、 親族に預金を使い込まれる被害を受け、去年2月、成年後見制度の利用を始めましたが、 警備業法には制度の利用者を警備の業務に従事させてはならないとする欠格条項があるため、 翌月、退職を余儀なくされたということです。 男性は、欠格条項は障害者に対する差別で、法の下の平等などを定めた憲法に違反しているとして、 国に対し損害賠償警備員として働く権利を認めるよう求めて、10日にも 岐阜地方裁判所に訴えを起こすことにしています。 男性はNHKの取材に対し 「成年後見制度を利用したとたんに、なぜ、辞めなければならないのか。警備の仕事に戻りたい」 と話しています。 01/10 10:00 【実は警備員は○○や××はやらせてもらえない仕事なんです】岐阜の男性 欠格条項で国提訴へ 警備員の仕事を失い
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515554775//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【悲報】知的障害者が警備員になれず、違憲だと国を訴える   (230件)
【裁判】成年後見人制度を利用した人が一部の職業に就けない「欠格条項」で仕事失った男性 国に賠償求め提訴へ   (103件)

関連ワード

成年後見制度 警備員 建設業法 岐阜県 認知症 地方公務員法 警備業法 岐阜地方裁判所 損害賠償 知的障害 欠格条項 国提訴 ソース ニュース画像 ローカルニュース 元記事 御注意 判断能力 弁護士