【基本的人権】検索結果削除認めず=逮捕歴「公共の利害」―初の判断基準示す・最高裁

02月01日(水)12:19   353件  
時事通信 2月1日 12時13分配信  インターネット検索サイトグーグル」で名前などを入力すると、逮捕歴に関する報道内容が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、男性が検索サービス大手の米グーグル検索結果の削除を求めた仮処分申し立ての抗告審で、最高裁第3小法廷岡部喜代子裁判長)は1日までに、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をした。  決定は1月31日付。  最高裁は、検索結果の表示の社会的な意義などと比較して「個人のプライバシー保護が明らかに優越する場合は削除が認められる」という判断基準を初めて示した。  [外部リンク]
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485919199//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。

ログインする