【北海道が危ない】中国資本の買収「とんでもない事態が進行」特別ツアー参加者が報告書

08月29日(火)01:29   1,000件   newsplus  
[外部リンク] 7月に産経新聞社が実施した北海道をめぐる特別ツアーの参加者が、訪問先の様子などをまとめた報告書を作成した。  特別ツアー産経新聞連載「異聞 北の大地」(産経ニュースでは「北海道が危ない」で掲載)の筆者、 宮本雅史編集委員が案内役として同行し、外国資本に買収された北海道の森林や水源地などをめぐるという内容だ。 7月23、24の両日に開催され、本紙読者ら20人が参加した。  報告書を作成したのは「新しい歴史教科書をつくる会」(東京都文京区)の越後俊太郎事務局長で、 写真をふんだんに使ったリポートに仕上がっている。  例えば、航空自衛隊千歳基地千歳空港を見渡せる千歳市内の中国人別荘地に関しては 「空港を監視できる位置にやすやすとつくられてしまっている。安全保障上、相当に問題あり」と指摘し、 中国資本が買収した伊達市内の山林内にあるゴルフ場跡地については 「買収されて6年以上にもなるが、商売ならなぜ放置されているのか理解に苦しむ。造成された土地などを手っ取り早く手に入れ、 中国人流入の受け入れ先として活用しているのではと勘ぐりたくなる」と分析している。  喜茂別町にある中国人専用のプライベートゴルフ場についても「関係者以外立ち入り禁止」の看板があることを踏まえ、 「『私有地につき、立ち入り禁止』となれば、中をみることができない。ここに多くの中国人が入り込んでしまえば、 その調査は事実上かなり難しくなる」との見方を示し、 「つまり日本にいながら『治外法権』の場所ができあがってしまう。これもまた安全保障上、極めて危険と言わざるを得ない」 と警鐘を鳴らした。  表紙を含めた全13ページの報告書の「まとめ」では、 「(北海道の土地が)中国資本に買われている問題については、一応の認識はあったが、実際に現地を訪れ、 本当にとんでもない事態が進行していることを肌で感じることになった」と率直な感想を記している。  さらに、越後氏は 「中国資本は決してもうけるために土地を買ってなどいない。飛行場の近くの高台、港の苫小牧市(中略)、 多くの中国人が外部と接触を断っても自給自足できるよう、山奥の広大な土地を確保して、宅地・水源・電力を準備する。 これは中国が『きたるべき時』のために備えを着々と進めているとしか考えられない。非常に背筋の凍るような思いがした」とし、 法規制の必要性などに触れた上で 「この問題に気づいた人間が、できる範囲で声をあげ、取り組むほかない」と締めくくっている。
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503937751//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【国際】中国の特許出願、爆発的に増加 科技振興機構が報告   (48件)
【企業】東芝会計「虚偽記載ある」 監視委委員が検査主張   (193件)
【社会】赤ちゃんポスト10年、2割が施設で養育 熊本の病院   (104件)
【重要】 福1原発事故の放射線、チェルノの7分の1で胎児への影響もないことが確定 マスコミ報じず   (504件)
【報道の自由】「福島原発事故で胎児への影響なし」日本学術会議報告 なぜか大手紙ほとんど報道せず   (387件)
【あるある】欧州視察の県議から事情聴く 視察の報告書の文章がネットからのコピー疑惑に、「用いたが盗用といった意思はない」・香川   (58件)
科学界「フクシマの被曝は今後も影響ない」 放射脳「アーアー聞コエナイー」   (41件)
【IT】ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Delete」を後悔 あまりにやりにくい   (883件)

関連ワード

報告書 喜茂別町 北海道 産経新聞社 治外法権 法規制 水源地 中国資本 特別ツアー 訪問先 産経新聞連載 産経ニュース 宮本雅史 外国資本 歴史教科書 東京都文京区 俊太郎 リポート 航空自衛隊千歳基地 千歳空港