【コラム】民進党はもう終わっているのか…復活したいなら真逆の政策を

04月21日(金)20:39   150件  
民進党内の保守派を自称する細野氏の代表代行辞任については、昨年9月の党代表選で、細野氏が民共連携路線の蓮舫氏の支持に回るとなった段階で、 筆者は、ラジオ番組で懸念を示していた。どうやらその予想が当たったようだ。 今年7月に予定されている都議選で、小池百合子都知事事実上率いる都民ファーストの会は民進党を草刈り場にしている。民進党求心力は低下し、都議選勝敗予想でも、惨敗が懸念されている。  国会運営でも、森友学園問題に集中して安倍晋三政権を攻めたが、自民党の支持率はさほど落ちなかった。  森友学園問題は、近畿財務局が地中にゴミが埋まっている土地を森友学園に知らせずに売却しようとしたが、学園側にバレてしまい、近畿財務局が便宜を図らざるを得なかった-という経緯だと筆者は見ている。 安倍首相の関与はないので、政権の攻撃としては無理筋だった。  本コラムで再三指摘しているが、雇用環境もアベノミクスで好転しており、民進党は本来のリベラル政策を主張できていない。 金融緩和反対、消費増税賛成の野田佳彦前首相を幹事長に持ってきた段階で、少なくとも政策面では民進党は終わっている。  森友学園問題でも、財務省の失態を追及していれば、国民は拍手しただろうが、財務省でなく安倍首相をターゲットとしたので、攻める相手を間違った。 その上、共産と連携することで、まともなリベラル政党ではなくなっている。民進党の復活は難しいが、これまでの真逆をやるしかないだろう。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一[外部リンク] [外部リンク] 【コラム】民進党はもう終わっているのか…復活したいなら真逆の政策を
元スレ:[http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/seijinewsplus/1492774758//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。

ログインする