【新iPhone】「月並み」な機能に勝るブランド戦略 専門家が分析

09月13日(水)22:05   46件   newsplus  
[外部リンク] Robyn Mak [香港 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アップル(AAPL.O)の新型スマートフォンスマホ)は、アジアから機能を取り入れ、利益を増やそうとしている。最新のiPhone(アイフォーン)は新機能を見せつけたが、その大半は韓国のサムスン電子(005930.KS)や中国の華為技術ファーウェイ)製スマホの利用者にとってはおなじみのものだ。 しかしアップルブランドの持つ魔法、価格支配力、経済的に余裕のある顧客層ターゲットとした戦略は、最終損益では他社との差を際立たせる。 12日に発表されたアイフォーンは、多くの改良点を売りにしている。鍵となるセールスポイントは無線充電と、有機EL(OLED)技術を採用し広くなった画面、顔認証と拡張現実(AR)に対応できる高機能カメラだ。 だが、どれも革新的というわけではない。サムスンの主力スマホはすでにOLEDディスプレイ、顔認証、無線充電機能を搭載。中国のファーウェイ、OPPO(オッポ、広東欧珀移動通信)やvivo(ビボ、維沃移動通信)は手頃な価格帯のスマホ新機能を詰め込んでいる。オッポの端末は1時間未満で75%充電でき、無線充電よりむしろ便利だ。ファーウェイはインスタント翻訳や画像認識など人工知能(AI)を利用した新型スマホを発表する予定となっている。 だが、収益性の点でアップルは他社をはるかに凌駕している。ストラテジー・アナリティクスの調べでは昨年、スマホ業界の営業利益の79%をアップルが占めた。これに対し、サムスンは15%、ファーウェイは2%だった。 アップルスマホ事業の営業利益率は30%を超えるとアナリストは推測しており、その高さはブランド力と市場支配力から説明がつく。 最上位モデルの「アイフォーンX(テン)」(999ドル)は、急成長を遂げる中国やインド市場でステータスシンボルとなるはずだ。筐体は独自のサイズであり、アイフォーン向け事業に依存する部品サプライヤーとの価格交渉で有利に働く。このメリットを、規模で劣る他社は享受できない。 中・低価格帯で競争する他社と違い、アップルはより富裕な消費者にターゲットを絞っている。つまり、端末ごとのマージンが大きいということだ。同社が大衆市場向けに旧モデルを値下げしたのは、一時的な動きにすぎない。 他社にとっては残念ながら、アップルのエキサイティングな新機能をまねるより、財務的な筋書きをまねる方が難しい。 ●背景となるニュース *米アップルは12日開催した新製品発表会で、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」を発表した。前・背両面ともガラス製のデザインで、顔認証によるロック解除などの新機能を搭載する。 *アイフォーン10周年記念モデルとなる「X」は、画面下にあったホームボタンがなくなり、画面は前面をほぼ覆いつくす5.8インチとなったほか、有機EL(OLED)を採用。さらに、指紋ではなく顔認証に対応するほか、無線充電や赤外線カメラといった新機能を搭載する。 *クック最高経営責任者(CEO)は「初代アイフォーンから最大の飛躍」と語った。 *価格は999ドルから。発売は11月3日となる。 *調査会社IDCによると、サムスン電子は第2・四半期のスマホ市場におけるシェアが23.3%に。2位のアップルは12%、3位のファーウェイは11.3%。 2017年9月13日 / 08:58 / 6時間前更新
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505307934//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【製品】「iPhone8」発売、アジアで低調 「X」前に買い控え   (153件)
【製品】米で「iPhone8」など発売、客少なめで盛り上がり欠く   (134件)
iPhone8、世界的に低調。 Androidと違い性能はiPhoneSEで十分すぎるためか   (469件)
【スマホ】iPhoneの新機種発売、購入に長い行列   (281件)
【製品】新型アップルウォッチ、iPhoneなしの通信機能に問題   (40件)
iPhoneX用「外付けホームボタン」登場   (205件)
新しいiphone買う?今使ってる携帯も10万したし正直これでいいや   (111件)
iPhoneに搭載された「顔認証システム」 写真ではログインできず   (174件)

関連ワード

アイフォーン アップル ファーウェイ サムスン電子 スマホ ターゲット 有機EL ステータスシンボル ブランド戦略専門家 ロイター 新型スマートフォン アジア 新機能 華為技術 ブランド 価格支配力 顧客層 最終損益 改良点 セールスポイント