真田幸村ゆかりのストラップ

02月02日(木)00:44   37件  
厄除真田紐ストラップ販売開始 和歌山・九度山加持祈祷 [外部リンク]  戦国武将真田幸村ゆかりの九度山町の住民らでつくる「九度山真田紐(ひも)研究会」(前滝悟会長)が31日、 「厄除真田紐ストラップ」の販売を開始した。幸村の屋敷跡に構えたとされる高野山真言宗遍照寺(同町)で、ストラップ加持祈祷(きとう)が行われた。  九度山に蟄居していた幸村らが情報収集などのため、家臣らに各地へ売りに行かせていたとされる「真田紐」。 同会はまちおこしの一環として売り出そうと、昨年末から1月末まで真言宗の五仏に由来する5色の糸を使って、 同会が運営する工房の機織り機でストラップを作製した。 同寺本堂ではストラップ約250個のそばで深真樹住職が厄除け加持祈祷。会員らは静かに手を合わせた。  前滝会長は「昨年はNHK大河ドラマ『真田丸』の放送で真田紐が知られるようになった。 厄除けの祈祷を済ませた新商品をぜひ使ってもらえれば」とPRしていた。
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485963857//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。

ログインする