【芸能】夏木マリ、外国人顔のルーツはフランスに…!?

02月10日(金)17:05   130件  
【芸能】夏木マリ、外国人顔のルーツはフランスに…!?  夏木マリ(64)が9日放送のNHK「ファミリーヒストリー」(木曜・後7時30分)に出演し、 自身のルーツフランスにあるのではないかということに、実体験をもって納得していた。  夏木の母・和子さんはフランス人のような顔をしていたといい、戦後いじめをうけていたという。  和子さんの母で夏木の祖母・佐々木るんさんは伊豆諸島・八丈島出身。 八丈島は海流が激しいため、外国船の漂流も多く、島民も“新人好み(あらひとごのみ)”というほど外国人を歓待していた。 島の教育委員会・林薫さんによると、滞在していた外国人と島民の間に子どもが出来ることは珍しくなかったという。  しかし、島の戸籍は太平洋戦争時の米軍の爆撃により消失してしまっていた。るんさんは明治の中頃本土に渡り、6人の子を出産。 その長女が、夏木の母・和子さんだった。るんさんはその後、京都で逝去。清水寺の近くの知恩院で眠っているという。 写真は残っていなかったが、るんさんの三女の息子・小島巌さんは、るんさんの顔は夏木とそっくりだったと振り返った。  このVTRを見た夏木は「京都と聞いてゾクゾクした」と発言。 理由を57歳の時に結婚したパーカッショニスト・斉藤ノブ(66)は京都出身で、清水寺で何度も踊りを奉納しているという。 さらに、フランスという言葉にも反応。「自分が何かする時、かならずタイトルはフランス語になる」と不思議な一致に驚いていた。 [外部リンク]
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486713928//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。

ログインする