【研究】歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす

01月05日(金)20:50   128件   newsplus  
[外部リンク]  歯周病認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター愛知県大府市)、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するという。  研究成果が、英専門誌電子版に掲載された。認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。  研究グループは、アルツハイマー病を発症するマウス歯周病菌を感染させて、歯周病ではないアルツハイマー病のマウスの脳と比較した。5週間後、歯周病マウスでは記憶をつかさどる海馬でアミロイドβの量が約1・4倍に増えていた。さらに、記憶学習能力を調べる実験でも、歯周病マウスでは認知機能が低下していたという。  名古屋市立大学道川誠教授(… 残り:185文字/全文:559文字 【研究】歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515153000//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【愛知】LINEで返信要求…部下へのストーカー行為で名古屋市職員懲戒処分 「困らせた事気付かなかった」   (44件)
【死んでもいいのか?】生活保護費「どんどん下げられるとやっていけない」と受給者らが怒りの猛抗議へ   (316件)

関連ワード

名古屋市立大学 アミロイド マウス 認知症 神経細胞 たんぱく質 歯周病 国立長寿医療研究センター 愛知県大府市 研究グループ 歯周病菌 アルツハイマー 研究成果 英専門誌 電子版 アルツハイマー病 記憶学習能力 認知機能 道川誠教授