【EV】クルマは人命を奪ってきた 我々のEVが常識を“破壊”する

01月14日(日)01:28   156件   bizplus  
世界に驚きを与えたダイソンのEV参入。ファンは沸き立つ一方、自動車業界は実現性を疑問視する。 「本当に成功するのか」─。創業者、ジェームズ・ダイソン氏が決断の背景を打ち明ける。  「A Dyson EV」。2017年9月26日、英ダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏は全社員宛てにこう題したメールを送り、EV(電気自動車)事業への参入を表明した。サイクロン掃除機、羽根のない扇風機など、ユニークな機能とデザインを兼ね備えた家電を開発し、消費者の支持を獲得してきたダイソン氏。「次はなぜ、EVなのか」。そう問うと、話は自動車メーカーに対する痛烈な批判から始まった。 VWの排ガス不正問題で決断  なぜダイソンがEVを手掛けるのか。皆さんには多少の驚きを与えたかもしれませんが、決して思い付きで始めたわけではありません。むしろ長い間、考え続けてきた構想でした。 この記事は 「日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事[外部リンク]
元スレ:[http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1515860920//l50]
in English
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

ジェームズ・ダイソン サイクロン掃除機 自動車メーカー 扇風機 電気自動車 消費者 クルマ ダイソン ファン 自動車業界 疑問視 英ダイソン メール ユニーク デザイン 排ガス不正問題 日経ビジネス 雑誌デジタル版 有料記事