高松宮記念、大人気の武豊・藤田菜七子の“裏情報”…1千倍の高額万馬券の可能性も - 47分前  ビジネスジャーナル

高松宮記念は“衝撃の結末”になる?  卒業、合格、春闘、決算……。年度末となる3月に入ると社会は新年度に向け新たな変革を迎え、さまざまなニュース日本中を駆け巡る。さらに、今年の3月は日産自動車の元...
カテゴリー:経済/社会

【ロイター】高くついたゴーン流経営、日産に残した身勝手と不正のツケ - 1日前  注目ニュース newsplus

https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-idJPKCN1R10ZV ビジネス 2019年3月20日 / 11:05 / 8時間前更新 焦点:高くついたゴーン流経営、日産に残した身勝手と不正のツケ Reuters Staff [横浜市 20日 ...
»続きを読む
カテゴリー:全般

ゴーン前会長、秋にも初公判 東京地裁が意向示す - 1日前  朝日新聞デジタル

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)らの公判に向けた東京地裁検察側弁護側の三者協議が20日開かれ、地裁は9月にも初公判を開きたい意向を示した。関係者が明らかにした。 ゴーン前会長は会社…
カテゴリー:全般

ゴーン被告初公判9月にも、公判前整理5月23日から - 1日前  TBS News-i

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)の事件で、東京地裁が、今年9月にも初公判を開く方向で協議を進める考えを示したことが、関係者への取材でわかりました。
カテゴリー:全般

アングル:高くついたゴーン流経営、日産に「身勝手」と「不正」のツケ - 1日前  Reuters: トップニュース

巨額の負債で瀕死状態にあった日産自動車をⅤ字回復させたカルロス・ゴーン前会長。しかし、かつて同氏のカリスマ的経営手腕に日産社員が抱いた絶大な信頼はすでに消え、同社内にはむしろゴーン氏の強引な経営への疑念と批判が渦巻いている。
カテゴリー:全般

ルノー・日産・三菱自動車がコネクテッドカーの基盤をAzureで構築、日産リーフなどで開始 | IT Leaders - 1日前  IT Leaders

仏Renault(ルノー)、日産自動車三菱自動車の3社は2019年3月20日、自動車ネットワークにつないで...more
カテゴリー:IT

ゴーン前会長、今秋にも初公判 特別背任などの罪で起訴 - 1日前  西日本新聞

東京地裁は20日、特別背任などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)の第1回公判前整理手続...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などの...more
カテゴリー:全般

ゴーン被告 報酬314億円、検察側が主張の方針 - 2日前  TBS News-i

 日産自動車・前会長のカルロス・ゴーン被告が自らの報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして起訴された事件で、検察側ゴーン被告の19年間にわたる実際の報酬総額が、およそ314億円に上ると裁判で主張する方針であることがわかりました。
カテゴリー:全般

日産、拡大路線から転換 販売目標値見直しへ - 2日前  企業ニュース - SankeiBiz

 日産自動車が、フランス大手ルノー三菱自動車と組む企業連合で2022年までに世界での年間販売台数を1400万台に拡大するとした中期の数値目標を見直す方針であることが19日、分かった。カルロス・ゴーン前日産会長が主導した...more
カテゴリー:経済/社会

日産・企業統治委、社外取締役の役割強化提言 27日公表 - 3日前  Reuters: トップニュース

日産自動車ガバナンス企業統治)のあるべき姿を議論してきた「ガバナンス改善特別委員会」が17日、4回目の会合を東京都内で開き、同社への提言の骨子を固めた。同委員会メンバーは、...more
カテゴリー:全般

Z32やR32やP10を生み出した日産がそのせいで潰れかけるとは思わなかったな - 13時間前  注目ニュース news

巨額の負債で瀕死状態にあった日産自動車をⅤ字回復させたカルロス・ゴーン前会長。しかし、かつて同氏の カリスマ的経営手腕に日産社員が抱いた絶大な信頼はすでに消え、同社内にはむしろゴーン氏の強引な経営への疑念と批判が渦巻いている...
»続きを読む
カテゴリー:全般

ゴーン前会長の初公判、9月にも 東京地裁が弁護人に伝える - 1日前  毎日新聞

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反特別背任)などで起訴=の初公判について、東京地裁が早ければ9月に行いたいと弁護人に伝えたことが20日、明らかになった。非公開の第1回公...more
カテゴリー:全般

ゴーン被告、9月にも初公判 - 1日前  注目のトピックス

自身の役員報酬を有価証券報告書に過少に記載したとして金融商品取引法違反罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)らの初公判について、東京地裁は...
カテゴリー:全般

ゴーン被告、9月にも初公判 報酬過少記載事件 - 1日前  イザ!ニュース

自身の役員報酬を有価証券報告書に過少に記載したとして金融商品取引法違反罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)らの初公判について、東京地裁は…
カテゴリー:全般

「チョイモビ ヨコハマ」カーシェア実験を2年間延長します! - 1日前  PR TIMES

[横浜市] 横浜市は 「Zero Carbon Yokohama(ゼロ・カーボン・ヨコハマ)」 の実現に向け、低炭素交通利用拡大に取り組んでいます。この取組の一環として、平成25年から日産自動車株式会社と協働で、環境にやさしく、走...
カテゴリー:プレスニュース

どうなる日産自動車?--配当利回り5.98%は信頼できるか - 1日前  ZDNet Japanニュース

日産自動車の3月19日の株価は952.0円、予想配当利回りは5.98%である。この高い利回りは信頼して良いのだろうか。株の配当利回りは確定利回りではないため、経営の混乱・業績悪化が長引き、配当が減らされ、利回りが下がるリスクがある。
カテゴリー:IT

日産、拡大路線から転換 - 2日前  イザ!ニュース

 日産自動車が、フランス大手ルノー三菱自動車と組む企業連合で2022年までに世界での年間販売台数を1400万台に拡大するとした中期の数値目標を見直す方針であることが19日、分かった。カルロス・ゴーン前日産会長が主導した...more
カテゴリー:全般

日産「販売1400万台」見直し ゴーン前会長の拡大路線を変更 - 2日前  毎日新聞

 日産自動車は、フランス大手ルノー三菱自動車と組む企業連合で2022年までに世界での年間販売台数を1400万台に拡大するとした中期経営計画数値目標を見直す方針...more
カテゴリー:全般

「虚偽記載きっかけは報酬開示制度」、検察 ゴーン氏裁判で主張へ - 3日前  TBS News-i

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が自らの報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして起訴された事件で、検察側が「うその記載のきっかけは高額報酬開示制度だった」と裁判で主張する方針であることがわかりました。
カテゴリー:全般