「アベノミクス、戦後最長はウソ」 内閣府、2018年10月までさかのぼり、以降、実は景気後退していたと修正 - 14日前  注目ニュース poverty

アベノミクス による 景気回復 は、「戦後最長ではなかった」ことがわかりました。 内閣府 の景気を判定する 研究会 は、2012年の12月から始まった「 景気回復 」局面が2018年の10月に終わり、 「 景気後退 」に入ったと認定しました。 政府は去年1月に、「 景気回復 は戦後最長になったとみられる」としていましたが、 米中貿易摩擦 や 消費増税 などで、 すでに2年近く「 景気後退 」が続いていたことになります https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4041378.html ...
»続きを読む
カテゴリー:全般

実感乏しい景気拡大終了=悪化深刻化(消費税増税、コロナ、米中摩擦)、実質GDP3四半期連続でマイナスへ - 15日前  注目ニュース newsplus

内閣府は30日、平成24年12月から続いた景気拡大期間が30年10月に終わり、景気後退局面に入ったと認定した。 米中貿易摩擦などが影響し、...
»続きを読む
カテゴリー:全般

戦後最長の景気拡大ならず 後退局面は平成30年11月から - 15日前  SankeiBiz

 内閣府は30日、平成24年12月から続いた景気拡大が30年10月に終わり、景気後退局面に入ったと認定した。米中貿易摩擦などが影響し、景気回復期間は71カ月(5年11カ月)と、「いざなみ景気」の14年2月~20年2月(73カ月)の戦後最長記録を更新できなかった。景気拡大の頂点である「山」は30年10月で、...more
カテゴリー:経済

SamsungがHuaweiに代わって5Gネットワーク市場のシェアを握る可能性 - 17日前  GIGAZINE

米中貿易摩擦が激化する中で、5Gネットワークに対応した通信機器を販売する中国の通信機器メーカー・Huaweiが、アメリカイギリスから排斥されつつあります。そんな中で...more
カテゴリー:エンタメ

中国14億人「WeChatが使えないiPhoneなんてただのゴミ。捨てる」 アップルの4.7兆円中国市場に黄信号 - 1日前  注目ニュース poverty

アップル の4.7 兆円中国市場 に 黄信号 -「微信」禁止の 大統領令 で 米 アップル は何年もかけて中国を440 億ドル (約4兆7000億円)規模の成長けん引役に育ててきた。 しかし、 トランプ 米大統領が先週、その全てに疑問を投げかける行動を取った。    トランプ 氏が 通信アプリ 「微信( ウィーチャット )」が関わる取引を 米企業 に禁止する 大統領令 を発令したことを受け、中国の「iPhone( アイフォーン )」愛好者は 同端末 の 利用継続 について考え直している。 ウィーチャット は中国の 日常生活...
»続きを読む
カテゴリー:全般

TIS、独ボッシュのソフトウェア専門会社とSAP(R)領域で協業 ~ 世界120拠点以上での豊富なERP導入経験の知見活用で組立製造業へのビジネス拡大などを目指す ~ - 10日前  ドリームニュース

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、ドイツを拠点とするグローバル規模で革新的な...more
カテゴリー:プレスリリース

ファーウェイ、スマホシェア世界1位に サムスン超え - 15日前  注目ニュース news

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や米中貿易摩擦の影響がありながら、2020年第2四半期(4月~6月)の世界スマートフォン市場で...
»続きを読む
カテゴリー:全般

景気拡大、戦後最長ならず 後退局面は平成30年11月から - 15日前  イザ!ニュース

内閣府は30日、平成24年12月から続いた景気拡大期間が30年10月に終わり、景気後退局面に入ったと認定した。米中貿易摩擦などが影響し、景気回復は71カ月(5年…
カテゴリー:全般