日韓外相会談、徴用工問題で進展なし - 8日前  @TBS NEWS

 ドイツを訪問中の茂木外務大臣は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談し、「徴用工問題」について協議しましたが、双方が従来の立場を繰り返し、今回も平行線をたどりました。  茂木外務大臣は15日、訪問先ドイツで韓国の康外相と会談し、徴用工問題について韓国側の責任で解決策を示すよう改めて求めましたが、韓国側から新たな提案や解決策は示されなかったということです。  また、康外相は日本に対し、半導体材料輸出規制を早期に撤回するよう求めましたが、茂木大臣は、あくまで安全保障上の措置で、輸出管理には当たらないとする従来の日本の主張を述べたということです。  一方、日韓にアメリカのポンぺオ国務長官を加えた3か国の外相会談では北朝鮮情勢が議題となり、弾道ミサイル発射など軍事的な挑発を繰り返す北朝鮮に対し、米朝間の非核化協議の進展を期待し、3か国の連携を維持する方針で一致したということです。  茂木外務大臣は「北朝鮮に表面的に大きな動きが無いということと実際の状況は一致しない。今後も日米韓の連携が極めて重要だ」としています。(16日01:51)
カテゴリー:全般

新型肺炎で南北対話活発化 金剛山からの韓国側施設の撤去延期 ウイルス流入防ぐ措置か - 20日前  毎日新聞

 中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスに、北朝鮮が警戒を強め、皮肉にも停滞していた韓国との南北対話活発化している。1月30日には開城(ケソン工業団地にある...more
カテゴリー:全般

WHO、「台湾では新型肺炎が市中感染」との言い方を明確に否定 - 11日前  Taiwan Today

世界保健機関(WHO)のタリク・ヤシャレビチ(Tarik Jasarevic)報道官が12日午前、台湾のメディアによる質問に回答し、WHOは台湾(中華民国)など6カ国を「新型肺炎市中感染が確認された地域」だとしているとの言い方を否定した。...more
カテゴリー:海外