【今週の労務書】『「社員が主役」の会社はなぜ逆境に強いのか』 - 11時間前  労働新聞社

変革事例を多数収録  人を動かす方法は2つある。1つはルールと制度による徹底した管理、もう1つは社員の主体的な意欲を引き出すことだ。本書は後者の方法により倒産寸前の会社が再建した事例や、社員の決意が全社を巻き込み会社が生まれ変わった事例を交えながら、「社員が主役」の会社の強さを説いている。  社員の意識改革組織変革につなげる方法としては「始動」「共感づくり」「引き出し」「行動変化」「新しい企……[続きを読む]
カテゴリー:社会

相場形成に高い期待 派遣の同一労働同一賃金 JSGU - 1日前  労働新聞社

 人材サービス業界労働組合で構成するUAゼンセン人材サービスゼネラルユニオン(JSGU、梅田弘会長)は、第16回定期大会を開催した。派遣労働者の...more
カテゴリー:社会

中継輸送で法令遵守 拘束短縮事例を紹介 国交省 - 1日前  労働新聞社

 国土交通省は10月9日、第11回トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会を開き、平成30年度に実施したトラックドライバーの拘束時間削減などに向けたコンサルティング事業の成果を明らかにした。17...more
カテゴリー:社会

【フォーカス】バンテック/テレワーク 利用は月間就業日の半分まで 2年掛けトライアル - 2日前  労働新聞社

定着率向上めざし導入  総合物流企業の㈱バンテック神奈川県横浜市、児玉幸信代表取締役社長、460人)は2018年10月から、事務職など約200人を対象にテレワークを導入した。目的は、社員の...more
カテゴリー:社会

建設業へ緊急要請 墜落災害の増加受け 三田労基署 - 2日前  労働新聞社

 東京・三田労働基準監督署(古賀睦之署長)は、管内の大規模建設現場などに対し、死亡災害と休業災害の減少に向けた積極的な安全衛生管理活動の実施を緊急要請した。  同労基署管内での建設業における休業4日以上の死傷者数は、...more
カテゴリー:社会

【元漫才師の芸能界交友録】第14回 長州力 懐かしの大阪城ホール/角田 龍平 - 2日前  労働新聞社

 男は大きな体を折り曲げて、スタジオセットの裏の僅かなスペースに腰かけていた。男から少し離れたところに出演者の数だけパイプ椅子が並んでいるというのに、座ろうとしない。天下の長州力なら椅子にどっかと腰かけても良いはずだ。しかし、そうしない不作為がいかにも長州らしかった。  ...more
カテゴリー:社会

【ハラスメント防止法制と企業対応】第15回 裁判例からみる慰謝料の傾向 行為内容・回数など影響 被害大きければ高額に/小野上 陽子 - 2日前  労働新聞社

短期間の行為なら低額  パワハラ行為が認められた場合、不法行為(使用者責任含む)や職場環境配慮義務違反債務不履行)などにより、当該パワハラ行為...more
カテゴリー:社会

脱退勧奨で救済申立て 元部長が組合設立 全タイヨー・UAゼンセン - 2日前  労働新聞社

賃金の不利益変更も  鹿児島県を中心にスーパーマーケットを展開する㈱タイヨー鹿児島県鹿児島市)の企業別労働組合である全...more
カテゴリー:社会

【同一労働同一賃金を踏まえた諸手当・福利厚生】第15回 アンケートからみえる課題 半数が人件費増懸念 空白の多いガイドライン/可児 俊信 - 2日前  労働新聞社

訴訟リスクは常に存在  「同一労働同一賃金」に向けた企業の対応が難航している。大企業の社長100人を対象に民間企業が実施したアンケート調査によると、待遇改善によって...more
カテゴリー:社会

【働き方改革 悩める管理職への“道具術”】第15回 円滑な業務支える情報共有(3) 監督者とテーマ選定 勉強会企画法(上) 事前に学習計画組む - 2日前  労働新聞社

出発点 会議時間の20分使って  全員を対象に集団指導を行う社内勉強会は、職場で知見を共有化するうえで効率的な育成法になる。ただし、取組みを定着させ、着実に効果を上げるためには、いかに企画していくかが問われる。  従業員数100人規模の商社において、管理職を集めて研修を行い、...more
カテゴリー:社会

バングラデシュ発展へ 技能実習制度通じて貢献 アイム・ジャパンセミナー - 1日前  労働新聞社

 公益財団法人国際人材育成機構(=アイム・ジャパン、栁澤共榮会長)とバングラデシュ人民共和国海外居住者福利厚生・海外雇用省は、東京都内で外国人材活用セミナーを開催した。栁澤会長は「...more
カテゴリー:社会

コンベヤー解体中に墜落事故 作業主任者の不選任で送検 川崎南労基署 - 1日前  労働新聞社

 神奈川・川崎南労基署はベルトコンベヤー解体中に労働者が10メートルの高さから墜落し重傷を負った労働災害で、㈱三宅建設神奈川県横浜市)と同社の代用取締役...more
カテゴリー:社会

派遣費用など支払いを勧告 43社が“ただ働き” 下請法違反行為と判断 公取委 - 1日前  労働新聞社

 公正取引委員会は下請事業者に商品の陳列を無償で行わせる下請法違反があったとして、「ビバホーム」を運営する㈱LIXILビバ(埼玉県さいたま市、渡邉修代表取締役)に、作業に掛かった費用相当額の支払いなどを勧告した。自社商品の製造を委託し...more
カテゴリー:社会

労働条件明示せず書類送検 過去に賃金不払いで送検、是正指導の経営者を 尼崎労基署 - 2日前  労働新聞社

最賃法違反で立件は断念  兵庫・尼崎労働基準監督署は、労働者に対して書面で労働条件を明示しなかったとして、電力供給会社のJHKクリエイト㈱(兵庫県尼崎市)と同社の事実上経営者(男性・69歳)を、...more
カテゴリー:社会

五輪期間中に10日休暇付与 サーバーワークス - 2日前  労働新聞社

 クラウドコンピューティングを活用したシステム企画・開発および運用などを行う㈱サーバーワークス東京都新宿区、大石良代表取締役社長)は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの期間中、社員に10日の休暇取得を奨励...more
カテゴリー:社会

建設工事 火災防止へ対策強化 元請・発注者に要請 東京労働局 - 2日前  労働新聞社

来年2月まで重点監督も  東京労働局土田浩史局長)は10月7日、大規模建設工事の元請事業者や発注機関などに対し、火気管理の徹底を文書で要請した。来年2月までを建設現場における火災災害防止の取組み強化期間に位置付け、重点的な監督指導や建設事業者向けの...more
カテゴリー:社会

【努力義務化は目前!? 70歳までの就業機会確保】第3回 定年年齢引上げ 他社へ移られては損失 まず65歳をターゲットに/内田 賢 - 2日前  労働新聞社

引留め策として有効  「骨太方針2019」で2番目に掲げられた選択肢は「70歳までの定年延長」である。60歳以上の定年が認められ、8割の企業が60歳定年の現状であるが、2025年4月には年金支給開始年齢は65歳になる。大企業でも65歳定年制に踏み出すところが増えてきた。「...more
カテゴリー:社会

【今週の注目資料】高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求職・求人状況(厚労省) - 2日前  労働新聞社

求人倍率は2.52倍に  令和2年3月に高校を卒業する新卒者について、元年7月末時点における求人数は44万3346人、求職者数は17万6225人で、求人倍率は2.52倍だった。前年同期に比べ、同順で、4.0%増、2.1%減、0.15ポイント増となっている。  求人倍率は、平成23年3月卒の0.67倍から一貫して上昇が続いており、...more
カテゴリー:社会

【主張】雇用悪化の前に対策望む - 2日前  労働新聞社

 わが国の賃金水準が再び下降局面に転じた。消費を拡大し、デフレから完全脱却してGDP(国内総生産)を増加させ、国力を強化しなければならないのに、賃金が下がったら元も子もない。10月から消費税増税が実施されたため、...more
カテゴリー:社会

【賃金調査】国税庁/平成30年民間給与実態 平均年間給与 正規・男性560万円に 過去最高の2.3%増 - 2日前  労働新聞社

非正規・女性は150万円  国税庁の民間給与実態統計によると、昨年1年間を通して勤務した正規従業員・男性の平均年間給与は560万円だった。前年比では2.3%増となり、めだった伸び率を示している。女性についても堅調で、正規は2.5%増の386万円、非正規は2.2%増の154万円だった。一方、役員も含めた全体平均では、年間給与が2.0%増の441万円、そのうち賞与が2.5%増の70万円となった。と...more
カテゴリー:社会