米小売りにとってクリスマスよりも気掛かりなもの - 12時間前  WSJ.com

 米小売り企業にとって、今年は良いクリスマスとなるだろう。だが好調な年末商戦は重要ではないかもしれない。
カテゴリー:経済/社会

アップルに見る教訓、コスト転嫁か利益率の悪化か - 1日前  WSJ.com

 アップルのiPhoneに消費者が高い金額を払わなくなったとすれば、コスト上昇分を価格に転嫁することができる企業など他にあるだろうか。
カテゴリー:経済/社会

世界のドル不足、新興国や企業の痛手に - 2日前  WSJ.com

 世界が再びドル不足に陥っている。今回は新興国が主な犠牲者になりそうだ。
カテゴリー:経済/社会

ゴールドマン、1MDB汚職関与の「罰」の大きさ - 3日前  WSJ.com

 ゴールドマンが破滅的な損害を受けるということはないが、最終的なコストが明らかになるまで同社株は後れを取ることになりそうだ。
カテゴリー:経済/社会

中国経済、大型刺激策がまだ要らない理由 - 6日前  WSJ.com

 中国経済小売売上高が急減し、与信の伸びが鈍化。さらに中国製品に対する米国の関税は2倍以上に引き上げられようとしている。
カテゴリー:経済/社会

米クリスマス商戦、関税の影響はひとまず回避へ - 7日前  WSJ.com

 米国の小売店など消費者相手の企業はこの年末商戦中こそ価格を抑えられるかもしれないが、そうした緩衝材はそれほどもたないだろう。
カテゴリー:経済/社会

iPhone販売減速、ハイテク株に迫る大きな影 - 8日前  WSJ.com

 アップルは「iPhone」販売台数を今後は公表しない方針だが、同社の巨大サプライチェーンから最近聞こえてくる話はあまり芳しくない。
カテゴリー:経済/社会

サウジの影響力低下、石油外交に痛手 - 9日前  WSJ.com

 石油市場が直近に発したメッセージは、サウジアラビアにとって懸念すべきものに違いない。
カテゴリー:経済/社会

FRB、相場下落や批判に動じず - 13日前  WSJ.com

 最近の株式相場の混乱を受け、FRBが利上げペースを減速すると見込んでいた人は失望したに違いない。8日まで開催されたFOMCで大きな変更は行われなかった。
カテゴリー:経済/社会

クアルコム、いまだ朗報来たらず - 13日前  WSJ.com

 クアルコムは今後もアップルとの法廷闘争スマホ販売の低迷に苦戦を強いられそうだ。
カテゴリー:経済/社会

ゴーン・ショック、試されるアベノミクス第3の矢 - 1日前  WSJ.com

 ゴーン会長の逮捕は答えよりも多くの疑問を生んでいる。ひとつの大きな問題は、同氏の失脚が日本のコーポレートガバナンス改革にとって何を意味するかだ。
カテゴリー:経済/社会

アップルとグーグル、愛憎半ばの複雑な関係 - 1日前  WSJ.com

 アップルクックCEOはグーグル広告収入を軸にしたビジネスモデルを批判しているが、同社は毎年グーグルから多額の...more
カテゴリー:経済/社会

ゴーン失脚、3社連合崩壊シナリオに政治的思惑も - 2日前  WSJ.com

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長の逮捕は、自動車業界の大物が一人倒れるだけの話にはとどまらない。
カテゴリー:経済/社会

パソコン依然すたれず、予想外の健闘なぜ? - 3日前  WSJ.com

 折り畳みスマートフォンが登場する時代に地味で古いパソコン(PC)がまだ魅力的な存在でいられるだろうか?
カテゴリー:経済/社会

ウォルマートは今が買い時、ネット販売で猛追 - 6日前  WSJ.com

 ウォルマートは、拡大を続けるネット販売事業を武器に今年の年末商戦を迎える。8-10月期はネット販売前年比43%急増した。
カテゴリー:経済/社会

テンセント、ゲーム事業復活は中国政府頼み - 7日前  WSJ.com

 中国のテンセント大規模投資ポートフォリオのおかげで急場しのぎができている。だが、同社のゲーム全盛期は過ぎ去ったのかという大きな疑問がまだ残る。
カテゴリー:経済/社会

中国の不良債権市場、外国人の投資リスクは - 9日前  WSJ.com

 中国の不良債権ブラックストーンやゴールドマン・サックスが相次いで購入している。後追いする者は慎重を期したほうがいい。
カテゴリー:経済/社会

ソフトバンク、携帯子会社IPOは高望み - 9日前  WSJ.com

 ソフトバンクグループは買収に大枚をはたくことで知られている。だが携帯子会社について投資家に同じように太っ腹になってもらおうとしても、説得するのは難しそうだ。
カテゴリー:経済/社会

資生堂が減速か、中国「代購」取り締まり背景に - 13日前  WSJ.com

 化粧品株の驚くべき上昇の推進力は中国の消費者だ。だがそうした企業の業績は近く減速する可能性がある。その理由もやはり中国の消費者だ。
カテゴリー:経済/社会

中国、投資家が注目すべき2つの数字 - 14日前  WSJ.com

 米政権はこの1年、中国からの資本流出信頼感低下の印だと主張してきた。最近まで、それが事実であることを示す証拠はあまりなかったが、今はある。
カテゴリー:経済/社会