漢方薬は食前服用じゃなくても大丈夫? - 10時間前  @日経メディカル

2020年10月に日経ドラッグインフォメーションOnline(DIOnline)の薬剤師会員を対象に行った、医療用漢方エキス製剤(以下、漢方エキス製剤)に関するアンケートでは(有効回答数1840人)、「漢方薬の併用について悩むことがある」「小児に服用させるのが難しい」「食後服用では駄目なのか」「小児患者…
カテゴリー:医療

「診断不可=治療できない」その“常識”を覆せ - 12時間前  @日経メディカル

診断不可=治療できない」その“常識”を覆せ
カテゴリー:医療

COVID-19患者受け入れ病院、人材確保と一般医療と.. - 16時間前  @日経メディカル

COVID-19患者受け入れ病院、人材確保一般医療との両立が課題に
カテゴリー:医療

ARB・利尿薬配合薬市場の順位に変動なし - 2日前  @日経メディカル

日経メディカルOnlineの医師会員を対象に、ARB・利尿薬配合剤のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、33.1%の医師がテルミサルタン・ヒドロクロロチアジド配合剤(商品名ミコンビ他)と回答した。第2位のロサルタンカリウム・ヒドロクロロチアジド配合剤(プレミネント他)は24.0%、第3位の
カテゴリー:医療

薬剤師は処方箋から病名を推測する探偵 - 9時間前  @日経メディカル

「そういう事情ですか。でもそれなら時間になっても応答しないというのは変ですよね」刑部さんの話を聞き終わり、爽太は周囲を見まわした。あたりはひっそり静まり返っていて、歩いている人影も見当たらない。時計を見るとすでに六時二十分を過ぎている。「林さんは一人暮らしですか」「方波見さんが聞
カテゴリー:医療

どうしたらいい? 喘息発作時の看護計画 - 14時間前  @日経メディカル

呼吸器内科病棟に勤務している新人看護師です。気管支喘息の患者さんが結構多くて、発作が起きた時は苦しそうで自分自身も慌ててしまいます。落ち着いて看護ができるようになりたいです。気管支喘息の患者さんの病態生理と発作時の看護計画について学びたいです。
カテゴリー:医療

Withコロナ時代の医療の姿 - 2日前  @日経メディカル

2020年春から国内でも始まったコロナ禍以降社会慣習は大きく変わり、社会活動だけでなく医療にも大きく影響が出た。第5波が過ぎ、国民のワクチン接種率が上がっているが、新型コロナウイルスが根絶されたわけではない。これからのWithコロナ時代の医療はどうあるべきか。
カテゴリー:医療

癌疼痛に処方されたNSAIDs貼付薬 - 3日前  @日経メディカル

乳癌のため、病院の腫瘍内科に通院している49歳の女性Fさんが受診後に薬局を訪れました。Fさんは処方箋を差し出してから、次のように話しました。「最近は、痛み止めを飲んでいても痛みが治まりません。便秘も続いています。今回、先生に痛み止めの量を増やしてほしいとお願いしたところ、貼り薬を追加
カテゴリー:医療