石牟礼道子さん死去 水俣病の現実描いた「苦海浄土」 (産経新聞)
90歳   パーキンソン病による急性増悪

2018年2月10日没
四大公害病の一つ、水俣病の現実を描いた「苦海浄土(くがいじょうど)」で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日、パーキンソン病による急性増悪のため、熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男、道生(みちお)氏。 昭和2年、熊本県生... more
全1件中 1〜1件