すごいこと思いついた! 倒木になめこ菌植え付ければ自然に倒木処理してくれるんじゃね?

11月20日(水)08:33   850件   newsplus  
キノコ倒木処理高校生挑む [外部リンク] ※NHKローカルニュース元記事が消えるのが早いので御注意を 台風による倒木をキノコの菌を利用して自然に処理しようという実験に、帯広市高校生たちが取り組んでいます。 将来はこの方法を実用化させて、倒木の処理とキノコの栽培を両立させたいと意気込んでいます。 実験は、帯広工業高校の3年生が札幌市にある「寒地土木研究所」などと取り組んでいます。 3年前、十勝地方を相次いで襲った台風で放置されている倒木の処理を進めようというもので、 18日、高校近くを流れる機関庫川の川岸に、事前にエノキタケナメコなどの菌を植え付けた丸太を並べました。 キノコは、木から養分を吸収して成長します。 また、胞子が周辺の木に飛び散ると、その養分を吸収します。 こうして養分を失った木はキノコの成長とともに腐っていき、腐食した倒木は 5年程度で川に流れて自然に処理できると期待されています。 高校生たちは将来はこの方法を実用化させて、倒木に直接菌を植え付けることで、 倒木の処理とキノコの栽培を両立させたいと意気込んでいます。 生徒の1人、佐々木陸玖さんは、「ここでしかできない経験ができたのですごくいい思い出になった。 手間をかけているのでいい結果が出ることを期待したい」と話していました。 11/20 08:23 すごいこと思いついた! 倒木になめこ菌植え付ければ自然に倒木処理してくれるんじゃね?
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574206435//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

倒木処理 キノコ 高校生 ローカルニュース 元記事 御注意 帯広市 実用化 帯広工業高校 札幌市 寒地土木研究所 十勝地方 機関庫川 エノキタケ ナメコ 年程度 直接菌