【水上バイク専門誌】淡路島、水上バイク男女3人死亡 「マナー違反の問題が話題になっているが、事故が増えているわけではない」

09月16日(木)01:38   1,004件   newsplus  
水上バイクによる、痛ましい事故をなくしたい。 【水上バイク専門誌】淡路島、水上バイク男女3人死亡 「マナー違反の問題が話題になっているが、事故が増えているわけではない」   スピードを出すなどありえない場所で起きた、水上バイク死亡事故 9月15日午後4時すぎ、兵庫県淡路市の海上で水上バイクによるとみられる事故があり、男女3人の死亡が確認されました。 淡路市岩屋の岸壁から1メートルほどの海上で、「男性が水面に浮いている」と警察から連絡があり、救急隊が駆け付けましたが、現場で男女3名の死亡が確認されました。 今回の淡路市の事故については現在調査中ですが、亡くなられた3人のうち、2人は消波ブロックに挟まった状態、1人は海に浮かんだ状態で見つかったそうです。海上には水上バイクが浮かんでおり、消波ブロックに衝突した可能性があるといいます。 事故のあった場所は、潮の流れが速く複雑で、かつ、テトラポットも近いことから、スピードを出して走るのはありえないと言われているところです。 この事故のように、水上バイク単独事故で、「3人もの犠牲者が出た」という痛ましい出来事は過去に記憶はありません。 ■水上バイクの事故が、増えているわけではありません 今年の夏は、水上バイクによるニュースが多数、報道されました。しかし、事故件数だけ見てみると、例年に比べて、増えているわけではないのも事実です。 海上保安庁によると、昨年(令和2年)の船舶海難隻数は1,961隻で、そのうち、プレジャーボートの海難隻数が一番多く、全体の51%を占める996隻でした。 プレジャーボートの海難の割合は、モーターボートが66%(655隻)で最も多く、次いでクルーザーボートが8%(80隻)、水上バイクが7%(66隻)です。 水上バイク66隻の内訳 運航不能(操船技能不足):12隻 衝突:11隻 運航不能(推進機・舵障害):11隻 運航不能(機関故障):8隻 運航不能(個人漂流):5隻 乗場:4隻 浸水:3隻 単独衝突:1隻 その他:11隻 (海上保安庁資料「令和2年 海難の現況と対策 ~大切な命を守るために~より) 海難種類別では、運航不能(操船技能不足)が12隻で最も多く、衝突と運航不能(推進機・舵障害)がそれぞれ11隻の順です。 近年、水上バイクマナー違反の問題が多く話題になっておりますが、過去5年間の海難件数は増減を繰り返し、ここ最近、著しく増加傾向にあるわけではありません。 悪質水上バイクがなくなること、痛ましい事故の犠牲者がなくなることを願っています。 9/15(水) 22:50配信 [外部リンク]
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1631723923//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

水上バイク専門誌 淡路島 水上バイク男女 人死亡 マナー違反 水上バイク スピード 死亡事故 兵庫県淡路市 淡路市岩屋 メートル 救急隊 淡路市 調査中 消波ブロック テトラポット 単独事故 出来事 ニュース 海上保安庁