【芸能】岡田真澄さんの息子、ミス日本の異母妹に「彼女に岡田を名乗る資格はない」

11月18日(月)21:33   392件   mnewsplus  
選ばれるのは、美しさのみならず、聡明さと品性を兼ね備えた女性。そして何より、深い愛をもって社会に貢献することができる“心の美しさ”を持った女性かどうか─。 11月12日、都内で開催されたのは、世界で最も美しい女性が決まる『2019ミス・インターナショナル世界大会』だ。 「'60年に始まり、今年で59回を迎える歴史ある大会です。今回は、世界各地から予選を勝ち抜いた82人が出場しました。 国際社会に貢献しようとする志の高い女性たちが“美と平和の親善大使”として集い、互いに交流を深めることを目的としています」(テレビ局関係者) 活躍に眉をひそめる義兄 今年の日本代表として出場したのは、'06年に亡くなった俳優の岡田眞澄さんの娘である岡田朋峰。 「彼女は眞澄さんが3度目の結婚のすえに、26歳年下の女性との間に生まれました。 普段は都内の大学に通いながら、テレビ局アルバイトをしているとか。 “夢はキャスターになって報道に携わること”と話していたので、将来のための勉強なのでしょう」(スポーツ紙記者) ミス・インターナショナルは、過去に眞澄さんが長年、司会を務めていたこともあり、娘の朋峰にとっても縁のある大会。 彼女にとって、偉大な父に続くための第一歩というところだろうか。 しかしファイナリストの15人を絞る段階で、彼女は落選。それでも気落ちした様子はなく、大会後のインタビューでは、愛する亡き父のことを語っていた。 「日本代表に選んでいただき、父に会えると思い、進んできました。 これから私の進む道は父の背中を見てではなく、父が見ることのできなかった道を進んでいきたいと思います」 優雅な振る舞いで、まさに“ミス日本”にふさわしい彼女。しかし、この活躍に眉をひそめている人物がいる。彼女の義兄・岡田眞善だ。 「彼は眞澄さんの2番目の妻である、藤田みどりさんとの間に生まれました。栃木のラジオ番組『水曜B・E・A・T』などを担当する人気ラジオDJです」(ワイドショー関係者) 昨年、朋峰がミス・インターナショナル日本代表に選ばれた際に、眞善はひどく動揺していたという。 「今年に入っても、世界大会の開催が近づくにつれて、朋峰さんが再びテレビに露出し始めると“見るに堪えない”と周囲に話していました」(同・ワイドショー関係者) 眞善がこれほどまで怒りをあらわにするのは、眞澄さんと眞善の母親との離婚時に、ある“嘘”が関係しているという。 真相を確かめるため眞善を直撃すると、当時のことを少しずつ思い出しながら、ゆっくりと話し始めた。 [外部リンク] 2019年11月18日 21時0分 週刊女性PRIME 【芸能】岡田真澄さんの息子、ミス日本の異母妹に「彼女に岡田を名乗る資格はない」
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574080387//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【芸能】フジ「グッディ」独占の岡田真澄長男、異母姉妹の取り上げられ方に疑問呈す 個別に謝れば終わっちゃうことなのかね~   (162件)
【芸能】岡田真澄さんの息子、ミス日本の妹に「彼女に岡田を名乗る資格はない」   (1,000件)

関連ワード

岡田真澄 ミス日本 異母妹 ミスインターナショナル世界大会 世界各地 国際社会 親善大使 テレビ局 義兄今年 岡田眞澄 岡田朋峰 歳年下 アルバイト キャスター スポーツ紙 ミスインターナショナル 第一歩 ファイナリスト インタビュー 義兄岡田眞善