【軍事】M1エイブラムス戦車のアップグレード完了: M1A2SEPv3として最強度合いマシマシ装甲カタめ

05月05日(水)02:18   1,001件   newsplus  
ヤバすぎる攻撃力防御力を持ち、大規模陸上戦において、地を這う死神を表すものは何ですか? それはもちろん米国陸軍が誇る世界最強戦車、M1エイブラムスでしょう。 これは、M1A2システムエンハンスメントパッケージ(SEP)バージョン3(v3)の主力戦車であり、この冬、米国陸軍寒冷地テストセンター(CRTC)での広範な寒冷時テストをこなし、正常に機能することを確認しました。 これで世界のどこの紛争地域にでも現れる可能性があります。 国防総省の唯一の極寒自然環境試験施設での試験が2020年1月に開始されて以来、SEPv3は、亜北極圏の3シーズンにわたって過酷な条件で2,000マイル以上運転され、極寒での正確さのために数百回の発射を行いました。 その補助動力装置、および他の多くのサブシステムのテストを受けました。 SEPv3でテストする改善点のリストは長いです。 改善された射撃管制電子機器は、SEPv3の銃がより速くより正確に射撃できることを意味します。 装甲がさらに改善されました。 3Dプリンターで製造されたホイールキャップやロードアームを利用することもできます。 オンボード診断ははるかに堅牢であり、技術マニュアルは取り外し可能な画面からアクセスできます。 プラットフォームはアラスカでのペースを試す前にユマテストセンターで広範囲にテストされましたが、氷点下の気温は砂漠では想像もできなかったグリッチを引き起こしました。 「主な武器の発射を行っているときに、発射できないシステムの問題が発生しました」と、テストオフィサーのエリッサパームは述べています。 「かなり広範囲にわたるトラブルシューティングを行った後、プロダクトマネージャーと協力して修正を特定することができました。ミッションに対応していない戦車がバトルフィールドに配置されるのを防ぎ、車体全体に修正を実装し、追加のテストをここで検証することができました。」 アラスカの冬の極寒の中で評価を行うことは、通常、CRTCの頑丈な専門家にとってさえ予期しない課題をもたらし、このテストも例外ではありませんでした。 CRTCのテストオペレーション部門の責任者であるグレッグネタルダスは、次のように述べています。「すべての機器が凍結されていました。弾薬を搭載した車輪付きの車両は、そこを操縦することができなかったでしょう。ここに人を置くのは安全ではありませんでした。」 M1とその亜種は、40年以上にわたって米国陸軍ユマ試験場とその構成テストセンターでテストされており、システムが地上戦闘兵器庫に留まっている限り、継続する可能性があります。 このテストは、M1を世界で最も有能な戦車に保つ上で重要な役割を果たしました。 gooqle翻訳一部割愛全文はリンク先へ [外部リンク] 【軍事】M1エイブラムス戦車のアップグレード完了: M1A2SEPv3として最強度合いマシマシ装甲カタめ
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1620148719//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

エイブラムス戦車 アップグレード完了 マシマシ装甲カタ 攻撃力 防御力 大規模 陸上戦 米国陸軍 世界最強戦車 エイブラムス システムエンハンスメントパッケージ バージョン 主力戦車 米国陸軍寒冷地テストセンター 寒冷時テスト 紛争地域 国防総省 極寒自然環境試験施設 亜北極圏 シーズン