青森で「雪発電」実用化へ 発電効率は太陽光に匹敵

11月20日(日)14:36   67件   news  
青森で「雪発電実用化へ 発電効率太陽光に匹敵 [外部リンク]雪発電イメージ 青森で「雪発電」実用化へ 発電効率は太陽光に匹敵   電気通信大学青森市スタートアップ企業フォルテ青森市)は 「積雪発電」の実証実験を始める。雪と太陽熱などとの温度差を 利用してタービンを回す仕組みで、廃校となった学校のプールで12月から実施する。 発電効率太陽光発電に匹敵するとみており、発電技術の確立を目指す。 電通大榎木光治准教授が開発した発電システムは、 プール内の伝熱管を雪で冷やし、太陽光の熱を取り込んだ冷媒に 冷気を送って内部で対流を発生させる。 深さ1メートルでセ氏マイナス5度の雪を1度の水にする温度差(6度)を 確保できれば、10~15平方メートルのパネルを使う太陽光発電と 同等の電力を得られると試算する。 実際の発電では数十度以上の温度差を活用する見通しだ。 2023年3月まで青森市内の学校のプールに雪を集め、 校舎内の電灯などの電力をどの程度まかなえるか検証する。 1キログラムのガソリンを燃焼させたときに発生するエネルギーを 同量つくるのに必要な雪は、25メートルプール(300立方メートル)換算で0.07杯分程度。 プール47杯分で1人あたりの年間消費電力を確保できるという。 青森市は除雪に年間約60億円を投じ、冬季の道路確保のために 除雪車とトラックで雪を集めて海などに捨てている。 廃校や遊休地の活用に加え、将来は温泉熱など 既存の未利用エネルギーの有効活用も視野に入れる。 榎木准教授は「雪は自然エネルギーそのもの。捨てずに有効活用すべきだ」と話す。
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1668922579//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【朗報】青森で「雪発電」実用化へ 発電効率は太陽光に匹敵   (78件)
「雪発電」実用化クル━━━━(゚∀゚)━━━━!! 太陽光発電に匹敵   (239件)

関連ワード

雪発電 実用化 発電効率 太陽光 積雪発電 イメージ 電気通信大学 青森市 スタートアップ企業 フォルテ 実証実験 太陽熱 温度差 タービン プール 太陽光発電 発電技術 電通大 榎木光治准教授 発電システム