【生物の本能】投票行動にも「ルッキズム」?見た目の影響は 進む研究

06月23日(木)17:01   162件   newsplus  
※2022/6/23 15:29 行き過ぎた見た目への信奉は、「ルッキズム」(外見至上主義)として社会的に問題視されるようになった。もっとも過去の選挙や政治活動において、「イケメン候補」「美人すぎる議員」が話題を集めたのも事実。今回の参院選を巡っても、ある女性候補を「顔で選んでくれれば一番」と発言した国会議員が批判を浴びた。果たして候補者の見た目は、投票行動にどれだけ影響するのか。こうした現象の研究を進める専門家に話を聞いた。 「過去の国政選挙と比べて、立候補者のしぐさや面魂(つらだましい)といった『非言語情報』が、投票行動に比較的大きな影響を与えるかも」 ベストセラー「人は見た目が9割」(新潮社)の著者で、宝塚大の竹内一郎教授はこう予測する。 なぜ「比較的大きな影響」になりそうなのかといえば、公約の違いが目立たないからだという。新型コロナウイルス禍ウクライナ侵攻物価高への対策とアピールする政策が似通い「有権者目線では政党ごとの特色が分かりにくい」と指摘する。 公約という「言語」で差が見いだせなくなると、今度は街頭演説やSNS(交流サイト)における見た目の重要度が増す―という見立てだ。 続きは↓ 産経ニュース: 投票行動にも「ルッキズム」?見た目の影響は 進む研究. [外部リンク]
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1655971266//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

日本維新「全国政党」へ正念場 参院選候補、前回の2倍超に(産経)   (579件)
【野党バラバラ】内閣提出法案、通常国会で26年ぶりに100%成立   (84件)

関連ワード

投票行動 ルッキズム 外見至上主義 問題視 政治活動 イケメン候補 参院選 女性候補 専門家 国政選挙 非言語情報 ベストセラー 新潮社 宝塚大 一郎教授 新型コロナウイルス禍 ウクライナ侵攻 物価高 アピール 街頭演説