全国200万人の「鈴木」姓のルーツである一族が住んだ「鈴木屋敷」が老朽化

01月11日(金)21:59   99件   news  
全国200万人の「鈴木」姓のルーツである一族が住んだ「鈴木屋敷」が老朽化  全国に200万人いるとされる「鈴木」姓のルーツである一族が住んだ「鈴木屋敷」(和歌山県海南市藤白)の再生・復元に向けた取り組みが本格化している。  海南市事業費の一部に充てようと、企業版ふるさと納税制度地方創生応援税制)を活用した寄付を全国の企業に呼びかけており、「『鈴木さんの古里』を復活させ、地域活性化につなげたい」としている。  鈴木姓ルーツとされる一族は熊野で神官を務め、平安時代末期海南市藤白神社の境内に移り住んだと伝えられる。だが、1942年に122代当主が亡くなり、途絶えたという。  市などによると、屋敷は江戸時代末頃の建築を含む木造平屋2棟があったが、老朽化で傷みが激しくなっていた。  神社境内の「藤白王子跡」などの紀伊路が2015年、国史跡に追加指定されたことを受け、海南市教委が一帯の保存活用計画を文化庁に提出。藤白神社の総代や地元経済界などが「鈴木屋敷復元の会」を設立していた。  18年7~10月に、鈴木屋敷の解体工事を実施。江戸時代後期の紀伊国名所図会に描かれている屋敷の絵を参考にしながら、20年度に復元工事に着手し、21年度末の完成を目指す。復元後は一般公開し、座敷から庭園の眺めも楽しんでもらう予定。  総事業費は約1億5000万円の見込み。6割を国と県、市が分担する。  残りは、市が企業版ふるさと納税制度を活用。1月から、各地の企業に1回10万円以上の寄付を募っている。寄付企業は税額控除の特例措置を受けることができ、既に、鈴木姓の会長がいる東京の会社から100万円の申し出が来ているという。  市企画財政課は「熊野古道を訪れる人たちをもてなす場を提供したい。街のにぎわいを生み出す場になれば」としている。 [外部リンク]
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547211564//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【日テレ】キムタク、ポケットに手を突っ込んで... 「鉄腕DASH」での態度に視聴者幻滅   (943件)
【食品】ペヤングからまさかのジンギスカン 羊肉の旨み広がる「北海道ジンギスカン風やきそば」が新登場   (304件)
【織田哲郎】プロとしての矜持「一過性ではない普遍的なメロディーを作っている」 産みの苦しみも   (44件)
ミラボレアス(ミラルーツ)だけど質問ある?🐲   (47件)
【悲報】はんにゃ・フルーツポンチが消えた理由、マジで闇が深い   (982件)
【ビッグデータ】DNAを提供してメキシコ人遺伝子だったら割引!メキシコのアエロメヒコ航空   (40件)
センター試験英語のしょっぱなからトンデモキャラが登場し話題に これ集中妨害だろ!   (54件)
センター試験英語のしょっぱなからトンデモキャラが登場し話題に これ集中妨害だろ!   (77件)

関連ワード

ルーツ 鈴木屋敷 老朽化 和歌山県海南市藤白 再生復元 本格化 海南市 事業費 企業版 納税制度 地方創生応援税制 地域活性化 鈴木姓 平安時代末期 藤白神社 代当主 江戸時代末頃 木造平屋 藤白王子跡 紀伊路