【個人情報管理】BIPROGY(旧日本ユニシス)、尼崎市のUSBメモリ紛失で謝罪 協力会社社員がカバン紛失 「再発防止に努める」

06月24日(金)13:16   1,000件   newsplus  
【個人情報管理】BIPROGY(旧日本ユニシス)、尼崎市のUSBメモリ紛失で謝罪 協力会社社員がカバン紛失 「再発防止に努める」   BIPROGYがUSBメモリ紛失を謝罪(同社公式Webサイトより引用) BIPROGY、尼崎市のUSBメモリ紛失で謝罪 飲酒後、カバン紛失に気付く [外部リンク]  BIPROGY(旧社名日本ユニシス)は6月23日、兵庫県尼崎市市民情報が入ったUSBメモリを紛失した事故について謝罪した。市の発表によると、同社の協力会社社員がUSBメモリを持ち出したまま、飲食店に立ち寄り、カバンを紛失したという。  紛失したUSBメモリにはパスワードを設定し、内容は暗号化処理を施していた。同社によると、6月23日15時時点で、第三者への個人情報流出不正使用は確認されていないという。USBメモリの紛失はすでに警察に届けており、同社側でも捜索している。  同社は「尼崎市民や関係者に深くお詫びするとともに、今回の事態発生を重く受け止め、管理体制や運用の徹底、見直し、改善を図り、全役職員と委託先協力会社に対する教育、指導の再徹底を行い、再発防止に努める」としている。  事件は21日に発生。BIPROGY関西支社の関係社員がコールセンター(吹田市)でのデータ移管作業のため、必要なデータが入ったUSBメモリをかばんに入れて持ち出した。作業完了後、飲食店で食事・飲酒を済ませて帰宅したところ、かばんの紛失が判明したという。  漏えいした可能性がある情報は、全市民の住民基本台帳の情報(46万517人分)、住民税に関わる税情報(36万573件)、非課税世帯等臨時特別給付金の対象世帯情報(令和3年度分7万4767世帯分、4年度分7949世帯分)、生活保護受給世帯と児童手当受給世帯の口座情報(1万6765件、6万9261件)など。  尼崎市は、事件の原因として(1)社員に対し、持ち出す際に許可を得るべき旨を徹底していなかったこと、(2)セキュリティ便などを使用せず、事業所外に持ち歩いたこと、(3)作業終了後、その場で速やかにUSBメモリのデータ消去を行わなかったこと、(4)速やかに帰社せず、USBメモリを所持したまま飲食店に立ち寄り、食事や飲酒をしたこと──を挙げている。  同市は「個人情報保護の重要性について、あらためて庁内各課への周知を徹底し、職員の危機意識を高めるなど、信頼回復に全力を尽くす」としている。 関連スレ 【悲報】尼崎市、全市民情報流出の会見でUSBメモリーのパスワード桁数を言ってしまう【英数字13桁】 ★7 [minato★] [外部リンク]
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1656044186//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

【個人情報管理】「緩みや慣れがあった」、尼崎市のUSBメモリー紛失でBIPROGY(旧日本ユニシス)平岡社長が会見   (141件)

関連ワード

個人情報管理 旧日本ユニシス 尼崎市 メモリ紛失 協力会社 カバン紛失 再発防止 同社公式 サイト 旧社名 日本ユニシス 兵庫県尼崎市 市民情報 メモリ 飲食店 カバン パスワード 暗号化処理 個人情報流出 不正使用