【フェイクニュースを流している者の正体】栄養補助食を扱う資産家や、反ワクチンの健康法を謳う書籍やDVDを販売する実業家、医師たち

01月17日(火)11:49   1,000件   newsplus  
ブチャの虐殺はウクライナが行った〉 〈ワクチンを打ったら5年以内に死ぬ〉 これらは昨年、ネット上で拡散された″ニュース″である。もちろん事実ではない。いわゆる「フェイクニュース」だ。 こういった情報を目にした時、大半の人は「私は騙されるわけがない」と思うだろう。しかし油断は禁物だ。 スマホやSNSの普及とともにフェイクニュースは世の中に氾濫しており、さらにその内容も巧妙化している。 SNS時代の社会問題となっている「フェイクニュース」とは、一体誰が、どのような目的で作っているのか。 まず気になるのはフェイクニュースを流している者の正体だ。その答えとも言うべきレポートが’21年にアメリカ非営利団体CCDHによって発表され、大きな波紋を広げた。 「調査によると、’21年2月1日~3月16日までの間にコロナワクチンに関してSNSに投稿された80万件以上のフェイクニュースのうち、 65%がわずか12個のアカウントから作成・拡散されていたことが判明したのです。 その正体は栄養補助食を扱う資産家や、ワクチン健康法を謳う書籍やDVDを販売する実業家、医師たちでした。 彼らは200人を超える組織で、物品販売などで40億円の利益を上げたそうです」(山口氏・以下同) ’16年のアメリカ大統領選の裏でも、多額のカネが動いていた。 「有名なものでは『ローマ法王、トランプを支持』というニセ情報が拡散しました。一見すると政治的な動機によるものかと思いますが、そうではありません。 話題になれば多額の広告収入が得られるため、その目的で制作されたものです。マケドニアの学生たちによって作られたものもあり、彼らのなかには両親の生涯年収を超えた人まで現れたといいます」 フェイクニュースが拡散されればされるほど、莫大な利益を得ることができる。だからこそ巧妙なものが次々に生み出され、多くの人が騙されるのだ。 [外部リンク] [外部リンク] [外部リンク] 【フェイクニュースを流している者の正体】栄養補助食を扱う資産家や、反ワクチンの健康法を謳う書籍やDVDを販売する実業家、医師たち
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1673923742//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

眞子さんPTSDで皇室がSNS開設へ。逮捕者続出か   (438件)
【フェイクニュースを流す者の正体】栄養補助食を扱う資産家や、反ワクチンの健康法を謳う書籍やDVDを販売する実業家、医師たち★2   (440件)
バチーン橋下徹「フェイクニュースだらけの世の中で意思決定するための僕の心得w」   (40件)
河野太郎大臣「ワクチンとの因果関係が否定できないと判断された事例はない」「デマで他人の判断に影響を与える行為はやめるべき」★9   (1,000件)
河野太郎大臣「ワクチンとの因果関係が否定できないと判断された事例はない」「デマで他人の判断に影響を与える行為はやめるべき」★8   (1,001件)
河野太郎大臣「ワクチンとの因果関係が否定できないと判断された事例はない」「デマで他人の判断に影響を与える行為はやめるべき」★7   (1,000件)
河野太郎大臣「ワクチンとの因果関係が否定できないと判断された事例はない」「デマで他人の判断に影響を与える行為はやめるべき」★6   (1,002件)
河野太郎大臣「ワクチンとの因果関係が否定できないと判断された事例はない」「デマで他人の判断に影響を与える行為はやめるべき」★5   (1,000件)

関連ワード

フェイクニュース 栄養補助 資産家 反ワクチン 健康法 実業家 ブチャ ウクライナ ワクチン ネット ニュース スマホ 社会問題 一体誰 レポート アメリカ 非営利団体 コロナワクチン アカウント 作成拡散