【工事中】日航機墜落から37年 新たに機内の酸素マスク見つかる…

08月06日(土)07:50   1,000件   newsplus  
日本航空123便が墜落し520人が死亡した事故から今月で37年です。現場から機内に設置されていた酸素マスクが新たに見つかりました。 1985年8月12日羽田空港から伊丹空港に向かっていた日本航空123便が群馬県上野村御巣鷹の尾根に墜落し乗員乗客520人が死亡、4人が重傷を追いました。 日本航空によりますと当時、4人の生存者が見つかったスゲノ沢で6月、2019年の台風により崩れた斜面の復旧工事中に新たに酸素マスクが発見されたということです。酸素マスクは機内に設置されたものでチューブにはちぎれたような痕があり乗客が使っていたかどうか分からないということです。 日本航空の担当者は「我々の安全確保に向けた取り組みが確かなものか問いかけられているような気がする」「絶対に風化させてはいけないし、風化していないと感じる」と話をしています [外部リンク] 【工事中】日航機墜落から37年 新たに機内の酸素マスク見つかる…
元スレ:[http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1659739829//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ニュース

車スレもバイクスレも工事中   (63件)
JR東海 リニアトンネル掘削に失敗、既に半年中断 現場は品川区内   (336件)
【国際】ニューヨークの5大マフィアを訴えていた女性が事故死   (280件)

関連ワード

工事中 日航機墜落 酸素マスク 日本航空 羽田空港 伊丹空港 群馬県上野村 御巣鷹 スゲノ沢 復旧工事中 チューブ 安全確保