7年間檻に1匹、テナガザルのメスが謎の出産…中に入れたのは男性飼育員のみ

04月30日(金)06:38   343件   poverty  
おりに1匹…シロテ テナガザル 謎の出産 DNA鑑定で「夫」探し おりの中で1匹だけで飼育していたのになぜ-。 長崎県佐世保市 の 九十九島動植物園森 きららで、雌のシロテ テナガザル 「モモ」(10歳)が“謎の出産”をした。 雄ザル と接触した形跡は見当たらず、飼育員は首をかしげ、来園者も推理を巡らせる。赤ちゃん誕生から1カ月半。 交配相手 がいなければ妊娠することはなく、謎は解けていない。  飼育員がモモの寝室にいる赤ちゃんに気付いたのは2月10日。生まれたばかりで両手に収まるほどの大きさだった。シロテ テナガザル の妊娠期間は通常7カ月。月1回の 体重測定 では妊娠は分からなかったという。   近親交配 や 別種類 のサルとの 雑交配 を防ぐため、モモは2014年から1匹だけで飼育。ゆくゆくは別の 動物園 にいる同種のサルと繁殖を目指す予定だった。 [外部リンク]
元スレ:[http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1619732309//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

テナガザル シロテテナガザル謎 長崎県佐世保市 九十九島動植物園森 シロテテナガザル 雄ザル 交配相手 体重測定 近親交配 別種類 雑交配 動物園