【芸能】<9頭身美女の田中道子>浜松から家出同然で女優に...「ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演

05月13日(日)08:15   191件   mnewsplus  
写真 【芸能】<9頭身美女の田中道子>浜松から家出同然で女優に...「ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演 【芸能】<9頭身美女の田中道子>浜松から家出同然で女優に...「ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演 あの9頭身美女は、家出同然浜松市から上京していた。田中道子(28)。2016年にテレビ朝日系ドクターX」でデビューし、最近はNHK大河「西郷どん」に出演した注目女優だ。建築士として静岡で生きるはずが、23歳で芸能事務所入り。猛反対した父との関係、深い静岡愛、将来を日刊スポーツに語った。 田中道子パンツ下ろして」西田敏行アドリブに困惑 [外部リンク]  インタビュー開始前。J1磐田の勝利を伝える日刊スポーツ静岡特集の紙面と久保ひとみの連載コラムを見せるや、前のめりになって言った。  「私、ずっとジュビロを応援しています! 静岡ダービーにも行っていましたし、試合は途中経過からチェックしています。久保さんは憧れの人。大学時代は『久保さんみたいになりたい』と思って、テレビ静岡の番組に出させていただいていました」  浜松市に生まれ、両親、6歳上の兄、5歳上の姉の愛情に包まれながら、幸せに暮らしていた。  「末っ子でかわいがられていました。中学まではテニス部で活発。公園で走り回っていました。ただ、進学した浜松市立は強豪で、私は体験入部で挫折。吹奏楽部に入りました。そこからはインドア派になり、休日には父と一緒に図書館に行っていました」  静岡文化芸術大に進学。都市デザインを学び、卒業後に2級建築士の資格を取得した。  「在学中、ミスコンには出ていましたが、事務所には入っていませんでした。単身で東京に出るのも怖かったですし、このまま地元で生きていくんだと思っていました」  静岡県内で建築士として働くことを第1志望にしつつ、都内にある建設会社の就職説明会に参加。その後、ミス・ユニバース・ジャパンで知り合った現在の所属事務所社員にあいさつに行き、進路が急転した。  「廊下ですれ違った社長と面接することになりまして、『女優になる気があるなら、来週から上京してレッスンを受けなさい。今、23歳なら悩んでいる暇はないよ』と。私からすれば、『無理』と諦めていた世界なので、二つ返事で『はい。来週、必ず静岡から出てきます』と言いました」  だが、家族からは猛反対され、父親は激怒した。  「説明会に行ったはずが、『事務所に入ることになった』ですから、怒られるのは当然でした。教師で真面目な父は『認めない。芸能界に入ると地獄に落とされるぞ』と。それでも、私は必死でした。道子は、父が『自分の道を歩ける子』という意味でつけた名前。『これからもそうありたい』と返し、連日、朝まで言い合いを続けました」  ついに、タイムリミット。仕事に出掛ける父を見送った後、スーツケース1つで家を出た。  「涙する母を振り切り、東京行きの高速バスに乗りました。心の中で『ごめんなさい』と言いながら、私も泣きました」  貯金もなく、見つけたのは、敷金、礼金ゼロの家具付きシェアハウス。タイ人女性との生活が始まった。 つづく 日刊スポーツ 5/13(日) 5:00配信 [外部リンク]
元スレ:[http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1526166900//l50]
ニュース閲覧するにはログインが必要です。 (無条件で公開すると多方面よりお叱りを受けるため会員制とさせて頂いております)

ログインする

関連ワード

田中道子 久保ひとみ 建築士 西郷どん 浜松市 ドクターX ミスコン ジュビロ スーツケース 頭身美女 家出同然 ドクター デビュー テレビ朝日系 芸能事務所 猛反対 静岡愛 日刊スポーツ パンツ 西田敏行アドリブ