17歳馬場咲希の素顔とは? 中1から指導するコーチの言葉で振り返る、37年ぶり快挙の舞台裏「いつもおしゃべりばかりしていて…」 - 3時間前  スポーツコラム - Number Web

ゴルフ必殺技はないよ」。日本人選手2人目、37年ぶりの「全米女子アマ」優勝という快挙を果たした馬場咲希(17歳)を中学1年から指導する坂詰和久コーチが繰り返し、伝えてきた言葉だ。1年前、いや半年前には無名だった少女はいかにこの夏の...more
カテゴリー:スポーツ

武豊に会いたくて阪大入学&お笑いの世界に…元騎手見習い芸人が振り返る“ニアミス事件”「あれから10年。成功の兆しは全く見えない」 - 3時間前  スポーツコラム - Number Web

騎手の夢を諦め、「もう一つの夢」であったお笑い芸人を目指してオーストラリアから帰国した松下慎平(現お笑いコンビ・テンポイント)。憧れ続けた武豊と対面するため、“高学歴”や“元騎手見習い”といった肩書きを活かして芸能界での成功を目指すのだが……。いまだ夢の途中にいる競馬芸人が、名手との「痛恨の...more
カテゴリー:スポーツ

“財政難なのに大補強”バルサを激写 誹謗中傷されたデヨンクへの拍手、33歳レバンドフスキが作る深みとは〈次戦は久保建英ソシエダ〉 - 8時間前  スポーツコラム - Number Web

22-23シーズンが開幕したラ・リーガ、今夏、経営不振といわれる中で大量補強をしたバルサの布陣に迫るため、8月7日に行われたガンペール杯対プーマスUNAM戦と、8月13日の...more
カテゴリー:スポーツ

「監督のボルボ車がボコボコに…」松井大輔41歳がいま明かす、フランスのやんちゃなサポーター話「発煙筒を手に“お前ら、分かってるか?”」 - 21時間前  スポーツコラム - Number Web

試合に負けると、大変な目に遭う。ある試合に負けたあと、当時のペラン監督の車がボコボコにされていたことがあった。車体の頑丈さで有名なボルボ社の車だったのだが……。
カテゴリー:スポーツ

甲子園で勝てない鳥取勢…なぜ? 高校の数より「景気」が影響する理由 元米子東監督「あの頃は全国レベルだった」 - 21時間前  スポーツコラム - Number Web

なぜ、急激に弱くなったのか――。夏の甲子園『都道府県別勝利数ランキング』で鳥取は戦後、最下位に落ち込んでいる。今大会も1回戦で鳥取商仙台育英に敗れるなど、2000年以降はわずか3勝しかしていない。しかし、1915(大正4)年の『第1...more
カテゴリー:スポーツ

号泣の大阪桐蔭「それができなかったのが弱さ」「手拍子に呑まれそうに」トリプルプレー、下関国際の研究…“甲子園の魔物”に王者は襲われた - 1日前  スポーツコラム - Number Web

1点を追う9回2アウトランナーなし。大阪桐蔭ベンチの中には、目に涙を浮かべる選手もいた。逆転の望みを託された6番・田井志門選手のスイングが空を切る。大差でリードしている時も、窮地に立たされた時も、感情をコントロールしてきた...more
カテゴリー:スポーツ

KKコンビのPLに阻まれた夏春夏3連覇「3回戦、死球後の記憶はない」「あと3日あれば、おれたち池田の…」水野雄仁が語る“最後の夏” - 1日前  スポーツコラム - Number Web

前年夏、“やまびこ打線”で甲子園を席巻、春の選抜も圧勝した池田高校は、史上初夏春夏3連覇に挑み、1年生のKKを擁するPL学園にまさかの敗北を喫した。渦中の池田の主戦、水野は果たしてどんな状況にあったのか。本人と関係者の証言をもとに解き明かす。
カテゴリー:スポーツ

『G1』連覇オカダ・カズチカがIWGP挑戦権利証の“防衛戦撤廃”を訴えたワケ「この大会の価値って、そんなものじゃないでしょう?」 - 3時間前  スポーツコラム - Number Web

「やっぱりオカダかな」「いや、オスプレイかな」――そんな思いが交錯した33分53秒の攻防だった。8月18日、日本武道館で行われたオカダ・カズチカとウィル・オスプレイ新日本プロレス『G1 CLIMAX 32』...more
カテゴリー:スポーツ

「お前はユタカ・タケじゃない!」なぜ競馬学校の教官は“長手綱”にブチ切れたのか…武豊に憧れた元騎手見習いの芸人が明かすオーストラリア時代 - 3時間前  スポーツコラム - Number Web

お笑いコンビ・テンポイントの松下慎平は、高校卒業後に単身オーストラリアに渡り、騎手見習いのライセンスを取得した異色の経歴を持つ“競馬芸人”だ。「武豊のようになりたい」。そう誓って騎手の道を志した彼は、なぜ夢なかばで日本に帰国し、お笑い芸人を目指すことになったのか。「武豊になれなかった男」が、憧れの名手への想いと、オーストラリア...more
カテゴリー:スポーツ

下関国際ベンチから飛んでいた“選手の声”…なぜ、大阪桐蔭を撃破できたのか? トリプルプレーが必然だった理由 - 21時間前  スポーツコラム - Number Web

下関国際も当然、大阪桐蔭を意識していた。ただし、基準は常に自分たちだ。相手打線をどう抑えるか? 豊富な投手陣をどう攻略するか? という難題に頭を悩ませるのではなく、ただただシンプルに「やってきたことをやれば勝てる」という意識を、それこそ呪文のように唱えチームの根っことし、浸透させてきたのである。
カテゴリー:スポーツ

甲子園NHK解説者が語る“大阪桐蔭が敗れた理由”「(下関国際は)絶対王者を意識していなかった」…2年生・前田悠伍の涙に重なる「2018年の最強世代」 - 21時間前  スポーツコラム - Number Web

夏の甲子園で番狂わせが起こった。春夏連覇を狙う優勝の大本命・大阪桐蔭が準々決勝で下関国際に敗れた。NHKの高校野球解説16年目を迎えた杉本真吾氏に敗因、そして敗れることがビッグニュースになるほど無類の強さを誇ってきた理由を聞いた。
カテゴリー:スポーツ

山田陽翔vs浅野翔吾の“全4打席”のウラ側…実は2度あった「敬遠の可能性」、山田のスゴみを感じた1球…その時、2人は何を思ったか? - 1日前  スポーツコラム - Number Web

「浅野君との勝負には完敗してしまって」。近江の山田陽翔は潔く負けを認めた。高松商との準々決勝。「大会No.1スラッガー浅野翔吾との直接対決で、全打席出塁を許したことを指していた。
カテゴリー:スポーツ

大野将平――五輪連覇の原動力となった必然の完敗。 - 1日前  スポーツコラム - Number Web

第一線で活躍するアスリートは、敗戦から何を学ぶのか――。男子73kg級で五輪連覇を達成した稀代の柔道家が挙げたのは東京大会の3年前、中高時代の先輩に喫した完敗だった。
カテゴリー:スポーツ

金足農ナインの表情が…近江の監督&選手が感じた“不気味さ”「現代野球で考えられます?」「なんでそんなに余裕なんかなって」 - 1日前  スポーツコラム - Number Web

あの夏、公立の農業高校ファンを釘付けにした。大エースの存在、3年生9人だけで戦い抜く異質さ、そしてドラマチックな勝ち上がり方に聖地が沸いた。彼らの一番の魅力は、野球を誰よりも楽しむ姿勢だった。〈後編〉
カテゴリー:スポーツ