ベテラン俳優・橋爪功77歳が語る「本当に撮影所がなくなったらおしまいだ」 - 5時間前  文春オンライン

 1961年、文学座付属演劇研究所第一期生として合格し、以来、50年以上のキャリアを歩んできた、俳優・橋爪功。その「同級生」には寺田農岸田森...more
カテゴリー:全般

「冬」「雪」といえば高倉健 魅力満載シリーズ開幕!――春日太一の木曜邦画劇場 - 7時間前  文春オンライン

網走番外地』1965年作品(92分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり 各地で大雪が降るなど、冬の寒さが本格化してきた。 旧作邦画で「冬」「雪」といえば、やはり高倉健だ。そのくらい、冬を舞台に雪…
カテゴリー:全般

立ち食いそばの聖地・川崎にある『ポツンと一軒家』系そば「大年」 - 13時間前  文春オンライン

 川崎市は東西に細長い。東京に至近であり、物価も安く、ベッドタウンとして人気である。武蔵小杉では今も高層マンション建設ラッシュが続く。川崎は「立ち食いそばの街」である そんな「便利な街、川崎」だが、実…
カテゴリー:全般

「子どもには落ちたものを食べさせよ」寄生虫博士・藤田紘一郎が孫に「バッチイもの」を食べさせる理由 - 17時間前  文春オンライン

東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎氏「土を食べなさい」 近年、免疫学の世界では、「先進国で問題となっているアレルギー性疾患は、ヒトの腸内細菌の減少と関連している」と指摘されている。 欧米では、最新の免…
カテゴリー:全般

「つつましくて色っぽいというのが女の最高の色気」――樹木希林が遺した生き方のエッセンス - 17時間前  文春オンライン

 昨年9月に亡くなった樹木希林さん。全身をがんで蝕まれながらも、それを感じさせない自然体な生き方が共感を呼んだ。 そして、平成を代表する名女優は、対談の語り部としても一流だった。樹木希林さんの珠玉のメッ…
カテゴリー:全般

「教科書から漏れてしまうものを描きたかった」新直木賞作家・真藤順丈が沖縄を描いた理由 - 1日前  文春オンライン

――直木賞受賞おめでとうございます。昨日が発表でしたが、昨夜は眠れましたか?真藤 寝てないです。記者会見の後にお祝いの会が深夜3時くらいまであって、仕事場に戻ってもクタクタなのに眠れなくて。…
カテゴリー:全般

サリンジャーはなぜ孤独を選んだのか 「ライ麦畑の反逆児/ひとりぼっちのサリンジャー」を採点! - 1日前  文春オンライン

〈あらすじ〉1939年、ニューヨーク作家志望の20歳の青年、ジェリーことジェローム・デイヴィッド・サリンジャー(ニコラス・ホルト)は、短編小説が初めて文芸誌に掲載される。劇作家ユージン・オニールの娘ウ…
カテゴリー:全般

「もう見たくない」虐待の問題が身近に感じられる物語 - 1日前  文春オンライン

フーガはユーガ』(伊坂幸太郎 著) 伊坂幸太郎らしい仕掛けが随所に施され、読み終わった後、鮮やかなイメージがいくつも残る作品である。 まず、装丁が素晴らしい。鏡文字のようにして向かい合う「フーガ」…
カテゴリー:全般

「ショックだった…」世耕大臣が不満を漏らしたJIC前社長の言動 - 1日前  文春オンライン

「こちらにミスがあったことは反省しています。9月の段階で糟谷(敏秀)官房長が、正式な書類ではないにせよ、高額報酬を記したオファーレターを渡してしまった。経産省高額報酬を確約したと思われたことは我々の失…
カテゴリー:全般

三浦瑠麗が綴る2019年の論点――トランプによって「米国主導の世界秩序」が終わる - 1日前  文春オンライン

 2019年も、世界中トランプ政権に振り回される年となるでしょう。トランプ氏個人のハチャメチャな言動の表層を超えたトランプ現象の本質は、米国内政治の分断を一段と深め、かつ、米国主導の戦後秩序を少しずつ…
カテゴリー:全般

博多大吉さんの肺年齢が「69歳」に……まだ知られていないタバコのリスクを考える - 7時間前  文春オンライン

 人気漫才コンビ博多華丸・大吉の博多大吉さん(47)がバラエティー番組「教えてもらう前と後2時間SP」(TBS系で1月8日放送)で昨年末に人間ドックを受け、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と診断されたそ…
カテゴリー:全般

世界興行収入150億円、インド映画歴代3位 「バジュランギおじさんと、小さな迷子」を採点! - 7時間前  文春オンライン

〈あらすじ〉パキスタンの山間の村に住む6歳の女の子シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は、生まれつき話すことができない。母親に連れられてインドデリーへ願掛けに行った帰り道に、母親とはぐれてしま…
カテゴリー:全般

「強姦冤罪事件」が起きた背景には複雑すぎる家庭事情があった - 13時間前  文春オンライン

 強姦罪などで服役中、被害者の証言がウソと判明して再審無罪が確定した大阪府内の男性(75)と妻が、大阪府警と大阪地検による不十分な捜査や裁判所の誤判で精神的な損害を被ったとして、国と府に計約1億4000…
カテゴリー:全般

実績ゼロで入部した中央大学・中山顕が箱根駅伝の1区で走るまでーー雑草たちの箱根駅伝 #1 - 17時間前  文春オンライン

「箱根には“夢”がありました。あんなにたくさんの人が自分の名前を呼んで、応援してくれる。とにかく感動しました。親も、友人も、『お前が本当に箱根を走るのか』って不思議な顔をしていま…
カテゴリー:全般

「世の中に還元される要素がないと、これからのエンタメは厳しい」新直木賞作家・真藤順丈が描きたいもの - 1日前  文春オンライン

 著書『宝島』(講談社)で第160回直木賞を受賞した真藤順丈さん。東京出身の真藤さんにとって、戦後の沖縄は、方言や歴史の考証だけではなく、「生半可な態度では臨めない」という決意を要するテーマだった。とこ…
カテゴリー:全般

「私は出会い系、夫は風俗通い、夫婦に性生活は必要か?」――『おとちん』著者・こだまインタビュー - 1日前  文春オンライン

週刊文春WOMAN」が「後世に残っていってほしい」と考える現代の傑作を紹介する「現代の古典」第1回は『夫のちんぽが入らない』。2017年の単行本発売から1年半で文庫化され、すでに累計23.5万部突破の…
カテゴリー:全般

「M-1」6位の新星「トム・ブラウン」のネタは深夜のブランコで生まれる - 1日前  文春オンライン

「M-1グランプリ2018」で6位に入る大健闘を見せた「トム・ブラウン」。決勝戦では、みちお氏が、“サザエさんに登場する中島君が五人合体”というシュールなボケを披露し、布川ひろき…
カテゴリー:全般

固定電話、VHS、ガラケー……映画『リング』『着信アリ』で懐かしいガジェットに憑いた幽霊たち - 1日前  文春オンライン

 平成が31年で終了。年数が昭和の半分以下であったし、国が文化的に進歩したゆえの頭打ち感もあって、強烈な変遷はない時代であったと思う。じつは景気がどんどん衰退していたという、現在の体感や未来のなさは絶望…
カテゴリー:全般

中央線ユーザーの恐怖 「深夜の『大月行』で終点まで行ってしまったら」をプチ体験 - 1日前  文春オンライン

 東京駅からまっすぐ西に向かって駆けてゆくJR中央線ラッシュ時には大変な混雑を見せる日本屈指の“通勤路線”だ。が、そんな中央線に世にも恐ろしい列車が走っている。東京発大月行の中…
カテゴリー:全般

日立が英国での原発建設計画断念 何が誤算だったのか? - 1日前  文春オンライン

首相を囲む財界人の会「さくら会」メンバーでもある中西会長 ©共同通信社 日立製作所英原発新設事業を断念する。このままでは米原発事業で巨額の損失を出した東芝の二の舞になりかねないためだ。最大3…
カテゴリー:全般