珍鳥キガシラシトド飛来 県内8年ぶり2例目観察 薩摩川内・下甑 - 6時間前  南日本新聞

 薩摩川内市下甑町手打で20日、珍鳥キガシラシトド1羽が観察された。県内の公式記録は2011年5月の十島村悪石島以来で、8年ぶり2例目となる。
カテゴリー:地域

大隅国府で「梅花の宴」? 和歌記した土器展示 霧島市・国分郷土館 - 9時間前  南日本新聞

 大隅国府でも「梅花の宴」が?-。新元号の出典となる歌が詠まれたとされる大宰府政庁長官、大伴(おおともの)旅人(たびと)邸での奈良時代の宴から100~200年ほど下る平安時代、地方の国府を中心とする和歌の文化を想像させる貴重な遺物が、霧島市にある。国分...more
カテゴリー:地域

串木野浜競馬 56頭が波打ち際を駆け抜ける - 0日前  南日本新聞

 いちき串木野市の春の風物詩串木野浜競馬大会」が21日、同市の照島海岸であった。好天の下、地元や県内各地の56頭が波打ち際を駆け抜け、1万2千人(主催者発表)が声援を送った。
カテゴリー:地域

海外彫刻家4人を歓迎 吹上浜砂の祭典5月開催 南さつま - 1日前  南日本新聞

 南さつま市で5月開催の「2019吹上浜砂の祭典」で、砂像を造る海外招待彫刻家4人のウエルカムセレモニーが18日、市役所であった。4人は温かいもてなしを受け、制作へ意欲をのぞかせた。
カテゴリー:地域

与論十五夜踊り 平成最後の舞 厳かに - 1日前  南日本新聞

 国の重要無形民俗文化財与論十五夜踊り」が19日、与論町の地主(とこぬし)神社であった。保存会メンバーが二組に分かれ、本土と沖縄の影響を受けた舞を交互に奉納し、島の安穏と五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。
カテゴリー:地域

鹿児島U開幕戦以来勝利 琉球に1-0 - 1日前  南日本新聞

 サッカーJ2の鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は21日、鹿児島市の白波スタジアムで琉球と対戦し、1-0で勝利した。開幕戦以来9試合ぶりの勝利で、7試合ぶりに得点を決めた。
カテゴリー:地域

小中生、チームで砂像制作競う 祭典迫る南さつま - 1日前  南日本新聞

 吹上浜砂の祭典の関連事業「砂の彫刻小学生・中学生選手権」が20日、南さつま市の砂丘の杜(もり)きんぽうであった。市内を中心に小学34チーム、中学14チームの総勢250人を超す子どもたちが、友達と団結して砂像制作に取り組んだ。
カテゴリー:地域

喜入のメヒルギ群落、樹勢回復 雪害から3年 - 2日前  南日本新聞

 2016年1月の雪の影響で一部枝枯れした「喜入のリュウキュウコウガイメヒルギ)産地」=鹿児島市喜入生見町=が、樹勢を回復している。自生する群落の北限地で、国の...more
カテゴリー:地域

10連休中、鹿児島空港に無料の臨時駐車場 - 2日前  南日本新聞

 鹿児島空港ビルディングは、大型連休期間中空港駐車場の混雑を緩和するため27日から5月6日まで、無料の臨時駐車場を2カ所設ける。
カテゴリー:地域

GW中、26保育施設が一時預かり 鹿児島市 - 2日前  南日本新聞

 ゴールデンウイーク(GW)の10連休中鹿児島市保育施設認可保育園、認定こども園、認可外保育施設)計26カ所が...more
カテゴリー:地域

希少ベッコウトンボ1127匹 児童ら60人確認 薩摩川内・藺牟田池 - 7時間前  南日本新聞

 薩摩川内市祁答院の藺牟田池で20日、国内希少野生動植物種のベッコウトンボを数える調査会があった。地元の小学生や保護者ら約60人が集まり、トンボや周囲の植物について説明を受けながら、計1127匹を確認した。
カテゴリー:地域

垂水に初の女性市議誕生 池田みすずさん - 16時間前  南日本新聞

 21日投開票の垂水市議会議員選挙で、1958(昭和33)年の市制施行から初の女性市議が誕生した。新人の池田みすずさん(45)は初当選を果たし、全国の市で唯一、女性が議員になったことがなかった垂水に新たな歴史を刻んだ。午後10時すぎ、事務所に姿を現すと大きな拍手に包まれ、「女性の視点を生かし、にぎやかな街にしたい」と喜びを爆発させた。
カテゴリー:地域

鹿児島県内7市町村議選 全議席決まる - 1日前  南日本新聞

 任期満了に伴う阿久根、垂水、三島、大崎、東串良中種子南種子の7市町村議選は21日、全80議席が決まった。
カテゴリー:地域

南種子町長に小園氏[速報] - 1日前  南日本新聞

 任期満了に伴う南種子町長選は21日投開票され、無所属新人で元副町長の小園裕康氏(58)が初当選した。
カテゴリー:地域

放置竹林有効活用 竹製の手作りバーベキュー施設 薩摩川内市・祁答院 - 1日前  南日本新聞

 薩摩川内市祁答院町黒木にある矢立農村公園「せせらぎの里」に、建材や調度品が竹製のバーベキュー施設ができた。地域おこし協力隊下村大樹さん(26)が、放置竹林...more
カテゴリー:地域

長島町青年団が復活 11人でスタート - 1日前  南日本新聞

 長島町青年団が“復活”した。同町は、平成の大合併により2006年3月に誕生した。合併前の長島町、東町にはそれぞれ青年団があり活動していたが、合併後は自然消滅していた。11人の団員らは「気負わず、楽しい集まりにしたい」と話している。
カテゴリー:地域

市電の歴史つぶさに マルヤガーデンズで交通局資料展 鹿児島市 - 2日前  南日本新聞

 鹿児島市交通局の「交通局出張資料展示室」が19日、鹿児島市マルヤガーデンズ3階の鹿児島ロフトで始まった。交通局倉庫から掘り出した古い...more
カテゴリー:地域

錦江産米で菓子開発 鹿児島純心短大生が田植え  - 2日前  南日本新聞

 錦江町産米を材とした商品開発に取り組む鹿児島純心女子短大鹿児島市)の「純錦米プロジェクトが今年も始動した。13日、学生らが...more
カテゴリー:地域

保岡元法相が死去[速報] - 2日前  南日本新聞

 自民党の元衆院議員、保岡興治元法相が19日夜、東京都内の病院で死去した。79歳。宇検村出身
カテゴリー:地域

汗ばむ穀雨、田起こし励む 吹上 - 3日前  南日本新聞

 20日は二十四節気の「穀雨」。田畑の準備が進められ、穀物を潤す春雨が降るころとされる。19日の鹿児島県内は、高気圧に覆われて晴れ間が広がった。汗ばむ陽気の中、農家は田起こしに精を出した。
カテゴリー:地域