弘前・芸術文化施設、一般に貸し出し - 8時間前  東奥日報

青森県弘前市吉野町煉瓦倉庫を改修し2020年4月の開館に向けて整備が進む「(仮称)弘前市芸術文化施設」について、市は18日、いくつかの事業見直しで事業者と折り合いがついたことを明らかにした。専門職員の配置による教育普及活動の充実に加え、...more
カテゴリー:地域

「範囲を広げるべき」と三内丸山調査委意見 - 10時間前  東奥日報

専門家でつくる三内丸山遺跡発掘調査委員会は18日、青森市の三内丸山遺跡センターで会合を開き、5月に始まった第43次発掘調査の現場を委員が視察した。委員会遺跡北端部西側の溝状遺構が当初の計画より延びる可能性があり、...more
カテゴリー:地域

太宰生誕110年、生家で記念サミット開催 - 10時間前  東奥日報

青森県五所川原市金木町出身作家太宰治ゆかりの地で継承活動などに取り組む関係者が集まり「第5回太宰サミット」が18日、同町にある太宰の生家「斜陽館」で開かれた。出席者は...more
カテゴリー:地域

「水玉ちらし寿司」の弁当、SNSで人気 - 11時間前  東奥日報

弁当箱のふたを開けると、カラフルな具材がぱっと目を引く。丸くくりぬかれたキュウリミニトマト、ハムなどが酢飯の上にちりばめられている。一口食べると具材の食感が広がり、見た目も味も楽しい。「簡単にできて、ふたを開けて楽しくなるお弁当を作りたい」。青森県五所川原市の料理教室講師・高谷香織さん(48)が弁当の献立を考えていたときに思いついた「水玉ちらし寿司(ずし)」が、SNS(...more
カテゴリー:地域

屏風山スイカ 甘~く 本年産初出荷 - 14時間前  東奥日報

屏風山西瓜(びょうぶざんすいか)」を商標登録している青森県つがる市木造館岡屏風山蔬菜(そさい)生産組合横山治...more
カテゴリー:地域

中泊の対馬さん 津鉄金木駅で太宰作品朗読 - 19時間前  東奥日報

青森県中泊町小泊の語り部・対馬てみさん(68)は毎月19日、五所川原市金木町の津軽鉄道・金木駅で、同町出身の小説家・太宰治の作品などを朗読している。列車の待ち時間を利用して乗降客に短編や作品の一場面を聞かせ、太宰と津軽弁の魅力を伝え続けている。対馬さんは5月19日も、...more
カテゴリー:地域

八水高生4人が危険物「甲種」同時合格 - 20時間前  東奥日報

青森県八戸市八戸水産高校藤澤重信校長)水産工学科の生徒4人が、本年度の危険物取扱者試験で最難関甲種危険物...more
カテゴリー:地域

むつ市でアライグマ初確認、捕獲検討 - 21時間前  東奥日報

青森県むつ市は17日、特定外来生物アライグマが4月、市内で初めて確認されたと明らかにした。侵入経路は不明。市は生息地域の絞り込みや捕獲などの対応を検討している。市経済部によると4月13日、...more
カテゴリー:地域

青森県など3団体、国に地方財源充実を要望 - 21時間前  東奥日報

青森県と県市長会、県町村会は17日、東京都内の各省庁自民党本部を訪問。地方財政対策の充実など青森県重点施策を3...more
カテゴリー:地域

冷水浩氏死去/元八戸東高校長 - 22時間前  東奥日報

冷水 浩氏(ひやみず・ひろし=旧姓中嶋八戸東高校長)16日午前8時58分、病気のため三戸町の病院で死去、88歳。八戸市出身。自宅は三戸町川守田元木平28の7。通夜は19日午後6時から、葬儀は20日午前11時から、ともに...more
カテゴリー:地域

ハートビート、29日に青森県内デビュー - 9時間前  東奥日報

青森県ブランド化を進めるサクランボ新品種ジュノハート」のうち、大粒の上位等級品「青森ハート<...more
カテゴリー:地域

高校生に「アオモリドラゲナイIV」配りPR - 10時間前  東奥日報

県は、青森県での暮らしやすさを示すさまざまな指標や県内企業で活躍する社会人の姿を掲載した冊子「アオモリドラゲナイIV」を作成し、今月、県内の高校2年生らに配布している。18日は県の若手職員が五所川原農林高校を訪れ、生徒に冊子をPRした。冊子の作成は若者の県内定着促進が目的で、16~18年度に続き4回目。今回は22...more
カテゴリー:地域

県民エナジー、コープあおもりも供給対象に - 10時間前  東奥日報

エネルギー地産地消を掲げる新電力会社青森県民エナジー」(本社八戸市)は18日、県民生活協同組合...more
カテゴリー:地域

大太鼓出陣をオリジナルはんてんで盛り上げ - 12時間前  東奥日報

津軽剛情張(ごうじょっぱり)大太鼓出陣! オリジナルはんてんで祭りを盛り上げたい!-。弘前青年会議所秋元駿一理事長)は、8月の弘前ねぷたまつりに出陣する大太鼓の引き手が着る...more
カテゴリー:地域

消しゴムはんこでツバキ咲かせ/七戸 - 19時間前  東奥日報

青森県七戸町立鷹山宇一記念美術館は15日、ワークショップ「消しゴムはんこで椿を彫ろう」を開いた。子どもからお年寄りまで同町や十和田市、むつ市など町内外の20人がオリジナルのはんこ作りを楽しんだ。指導は、...more
カテゴリー:地域

看板商品は味噌カレー味のおでん/金木・芦野公園「秋食堂」 - 20時間前  東奥日報

変わらぬ味と手ごろな値段で長年愛されている看板商品がある。小腹がすいたときにちょっと立ち寄りたい青森県五所川原市のお店、人気商品の秘密と店の歴史を店主の思いとともに紹介する。住民の散歩ルートや子どもたちの遊び場として利用され、春になると桜を目当てに多くの観光客が訪れる...more
カテゴリー:地域

青森県内建設業界、高卒獲得へ保護者同伴交流会 - 21時間前  東奥日報

若者の青森県外流出に歯止めがかからない中、人手不足に悩む県内建設業界では、高卒者の心を射止めるにはまず親から-と、生徒の保護者も参加できる交流会を開くなど、積極的に企業PRに取り組む動きが出ている。15日、県建設業協会東青支部などが...more
カテゴリー:地域

横浜町メガソーラー計画 独企業が撤退表明 - 21時間前  東奥日報

青森県横浜町総出力50万キロワット大規模太陽光発電所メガソーラー)の建設計画を進めていた...more
カテゴリー:地域

野辺地町長、新庁舎計画修正し継続の意向 - 21時間前  東奥日報

町議会工事契約議案が否決された青森県野辺地町役場新庁舎の建設について、中谷純逸町長は17日、内容を修正した上で計画を進める意向を示した。「町としては今後も建設に向け努力する。反対の考えの議員や町民の方々に十分な説明をしていきたい」と語った。同日開かれた町民との意見交換会「みんなで町長とし...more
カテゴリー:地域

八幡正史氏死去/青森朝日放送相談役、元青森朝日放送代表取締役社長 - 22時間前  東奥日報

八幡 正史氏(やはた・まさし=青森朝日放送相談役、元青森朝日放送代表取締役社長)16日午後3時22分、病気のため青森市の病院で死去、72歳。東京都出身。自宅は青森市古川1の21の12。通夜は20日午後6時から、葬儀は21日午後1時から、ともに青森市堤町1の6の4、...more
カテゴリー:地域